スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

RAPTOR(SSI)

blog130519_1.jpg

 かなり間が開いてしまいましたが、今回で最後の機体、「RAPTOR」の紹介をしていきます。
 ちなみにこの機体、本編の「Strike Suit Zero」では、DLCとして2.99ドルで使えるようになる追加機体だったりする。
 あと、前回紹介した「MARAUDER」も、Kickstarterでの早期購入特典だったとかいう話があるんだけど。まあ確かめようがないけどね……


blog130505_1.jpg
blog130519_3.jpg

 さて、今回も基本形の「STRIKE SUIT」との比較から。
 見てわかるとおり、装甲を削ぎ落として、機動性能を大幅アップといった調整されている。

 とにかく、移動したい方向に照準を向けるともの凄い勢いで回頭していくので、慣れないとちょっと動かすのが難しいし、3Dに弱い人はこのあまりにもふにゃふにゃな機動に酔うかもしれない。

blog130519_4.jpg

 パースートモードでの機動性は素直そのものであり、敵戦闘機相手の格闘戦はお手の物。
 パースートもストライクモードも挙動がとにかくテンポ良く、色んな行動が素早くできる。

 ただ、これは相手が少数の時に出来る事なので、膨大な敵が出現する後半以降はその装甲の薄さからしてパースートでの格闘戦の優位性が殆ど失われてしまう。
 シールドとアーマーの柔らかさは、敵にほんの数秒間攻撃にさらされるだけで一瞬に消滅するレベルまで下がっている。

blog130519_2.jpg

 次はストライクモード。
 「RAPTOR」のストライクモードは、近距離特化型という位置づけになっている。
 なので、機銃はショットガン「MPE d/r X200」に換装されている。

 このショットガン、射程は機銃と同じく距離1000からロック可能なのだが、距離1000ギリギリから撃っても効果が薄い。
 敵がずっと真っ正面に進んでいるのなら話は別かもしれないが、ショットガンという特性上、まず全弾当たらない。つまり出来る限り接近して撃とうということ。

 ミサイルは、「MTAM Itano」というミサイルを持っており、30発のマルチロックミサイルなのだがもの凄い勢いでロックオンする。
 ロックが早いのでミサイルの回転も速いのだが、「STRIKE SUIT」のミサイルと比べると、一発の攻撃力がかなり低い。なので、適当にマルチロックしてぶっ放しても敵が一機も倒せなかったりする。
 敵は倒せないとシールドが復活して悲しみを禁じ得ない状態となるので、なるべく一機ずつ倒せということか。それならこの尋常ならざるロック速度にも納得がいく。使いやすいかと言われると微妙だけど……

blog130519_5.jpg

 幸いにもストライクモードにはオートロックがあるので、ロックしたまま接近しつつ撃てば、敵集団を一気に殲滅する事も可能。ショットガンなので弾が後半ににばらけるので、ロック対象の本命に近い敵機にもダメージを与えられる。

 敵戦闘機が大量に出てくるボーナスステージなんかだと特に顕著で、オートロックと射撃を押しっぱなしで適当にミサイル発射してるだけで敵がもの凄い勢いで殲滅されていく。
 ショットガン乱射するだけで敵が次々と落ちていくのは爽快。FLUX無限のボーナスステージでしか出来ないけど。

 敵戦闘機はおおよそショットガン2発で仕留められるので、ゲージを節約するにはパースートのマシンガンで敵シールドを剥がしてから変形して射撃……とかそういう工夫が必要。

blog130519_6.jpg

 総評として、柔らかく動きやすい接近戦用機
 敵に密着出来れば強いのだが、とにかく中距離以上での対複数戦が滅法苦手で、硬い敵が大量に出てくるラウンド18以降なんかだと防御力の低さも相まってとても厳しい。
 機動性がどんなに高くても敵の攻撃全てを避けきるのは不可能なので、油断すると圧倒言うまに死ぬ。
 特に回避が非常に難しい、対戦闘機向けのビーム砲を持つエリートコルベットの大軍なんかが厳しい。

 的確なヒットアンドアウェイを繰り返し叩き込める人なんかにはオススメしたい。

 ちなみに、「MTAM Itano」という名称ですぐ気づく君……マクロス好きだろ?な?
スポンサーサイト
2013-05-19 : ゲーム:StrikeSuitInfinity :

MARAUDER(SSI)

blog130505_7.jpg

 さて、今回のStrike Suit Infinityのお話は、遠距離特化型のストライクスーツ、「MARAUDER」について。
 ちなみにMARAUDER(マローダー)とは「襲撃者」という意味。今日はそんなおっかない名前のついたストライクスーツを紐解いていこうと思う。


blog130505_6.jpg
blog130505_1.jpg

 まず、基本形である「STRIKE SUIT」との比較。
 ENERGYを除いた全てのパラメータが差異があり、FLIGHTのパラメータは「STRIKE SUIT」のおよそ1/4、代わりにARMORとSHIELDは「MARAUDER」の方が若干高く、機動性を犠牲に防御力を高めている

 「STRIKE SUIT」から乗り換えた場合、機体の挙動が若干重いのだが、敵編隊の集中砲火を受けても結構耐えられる程度に硬く、多少の単発攻撃ならビクともしない。
 だからといって攻撃を受け続けても大丈夫かと言われるとそうでもなく、特攻してくる自爆兵器に近づかれると一瞬で爆散するので注意。あくまで気休め程度であると覚えておいたほうが良い。

 というわけで、「MARAUDER」のパースートの機動は低いため、パースート時の武装は素早く敵を倒せる物をチョイスしたほうが得策。


blog130505_8_20130512005742.jpg

 「MARAUDER」のストライクモード。
 パースートもそうだけど、「MARAUDER」の機体は角張っててますな。

 そんな「MARAUDER」のストライクモードですが、「STRIKE SUIT」とは全く違う機体となっている。
 何が違うって、まずマルチロックミサイルが無い。
 そして使いやすかった機銃も無い。
 代わりに搭載されたのが、敵戦闘機を一撃で粉砕するロングレンジキャノンの「LPE M 162mm U」と、敵戦艦に大ダメージを与える小型魚雷の「MTAM Avenger」という、とにかく大火力特化一点張りの武装がふたつ。

blog130505_9_20130512005740.jpg

 まずキャノンの方だが、「ロングレンジキャノン」と謳われているとおり、距離7000という長大な射程を持っている。
 敵が戦闘機で、なおかつ間に障害物が無ければ、撃った瞬間に敵が爆発する。
 魚雷を発射してくる邪魔なコルベット艦も2発で撃退できる。これは非常に大きい。

 距離7000以内に捉えれば、どこからでも攻撃が届くため、ゲージが許す限り一方的に遠距離射撃を行える。
 味方機を追い回す敵機を優先的に落とせれば、折角呼んだ増援に被害が出る前に撃退できるし、特攻してくる自爆兵器なんかも安全に排除できる。
 艦隊の砲台を一つずつ地道に破壊しても良い。攻撃力が非常に高いので、優先して倒したい敵を確実に短時間で仕留められるのが利点。

 ただし欠点が一つあって、若干リロードが長い。
 「ロングレンジ」とは言いつつも近距離で撃っても必中ではあるが、近くをウロウロしている敵機を倒すのはあまり向いていない。パースートでミサイル撃った方が早い事が多いし、ゲージも節約できる。
 機動性が他の2種と比べると明らかに劣っているので、出来る限り遠距離で攻撃できる利点を生かした方が戦いやすいと思う。


blog130505_10_20130512005739.jpg

 次にミサイルだが、このSSでは敵コルベット艦にちょうど当たるところである。
 目標のコルベットのアーマーは全快だが……


blog130505_11.jpg

 一撃で粉砕。
 対艦用の小型魚雷なので、コルベットや輸送艦は一撃で倒せるほどの威力を持っている。

 この小型魚雷だが、撃つためにはロック(R)しておく必要がない
 照準の真ん中に近いところにいる敵機へロックオンしようとする。ロックオンまでの時間は初期のミサイルと同じくらい。
 おそらくロックオン出来る距離は無限大、視界にどんなに米粒程度でもいいから映って入ればロックオンが可能……だと思われる。
 ロックオンし発射した後は、比較的緩やかな速度で敵を追尾し、命中する。速度が緩やか過ぎるので、たまに外してるときもある。
 コルベットが魚雷発射後の反転離脱する動きとかについて行けないので注意。

 魚雷のこのロックオン周りだが難点があって、より中心にいる対象へロックしようとするため、狙いたい敵に上手くロックが合わない、合わせにくいということ。
 例えば、敵戦艦に魚雷を限界の5発全部発射したいと思っても、その前や後ろにいる敵戦闘機にロックが合ってしまったり、他の砲台部分にロックオンしてしまったり……ということが頻繁に起こる。
 敵艦の砲台にロックオンしたのならまだ良いが、弾速の関係で敵戦闘機相手に命中することは無いと思った方が良い。なのでロックオンをするときは少し気をつけてあげるといいかも。敵戦艦の残骸もロックできてしまうので注意。


blog130505_13.jpg

 総評としては、やや動きづらい機動性の代わりに、長射程、高威力を手に入れた機体。
 「STRIKE SUIT」が対複数の相手に縦横無尽に動き回るの対して、「MARAUDER」は遠距離から敵を一つずつ丁寧に潰していくのに向いている。
 マルチロックのミサイルが無い事により膨大な数の敵機には押されがちであり、敵機が大量にでるボーナスステージなんかはひたすら引き撃ちするしか無くなる。火力は高いが、数で押されると処理しきれなくなる。後半になると特攻兵器の登場が増すので、援軍で戦闘機を多めに呼んだりする等の工夫が必要になってくる。
 敵の数はこちらと比べると何十倍にもなるので段々と厳しくなっていくが、やはり敵戦艦を直接叩ける魚雷があるのはとても頼もしい物である。
 遠距離から一方的に攻撃したい人、直接戦艦を叩きたい人、援軍の味方を守りたい人なんかにオススメ。



blog130505_14.jpg

 ということで、「MARAUDER」でした。

 次は3つめである「RAPTOR」を紹介していく。
2013-05-11 : ゲーム:StrikeSuitInfinity :

Strike Suit(SSI)

blog130503_03.jpg

 マジでいいよStrike Suit Infinity(ストライクスーツインフィニティ)

 全ラウンド18まであるのだが、まだラウンド12までしか進んでいない。
 というのも、本編のStrike Suit Zero(以下SSZ)の難易度HARDよりも明らかに難しい難易度になっており、特にラウンド5を超えたあたりから敵や仕掛けがプレイヤーを本気で殺しに来る。

 なんとういうか、昔のアーケードのシューティングみたいな感じの難易度。油断すると一瞬で死ぬ感じの。
 おそらく、ほとんどの人が初見のラウンド5で自爆兵器にぶつけられて爆発四散したのではなかろうか。俺もさ……

 そんな前置きはともかく、今回はStrike Suit Infinity(以下SSI)のストライクスーツ3機種の軽い説明というか概要というか、そんな感じなモノをやっていこうと思う。
 ぶっちゃけ自分で使って慣れた方が早いと思うけど、これからSSIやSSZに触れる人向けになんらかのヒントになればいいなぁと。


blog130505_1.jpg

 今回は初期機体であり、最初のストライクスーツであるそのものズバリ「STRIKE SUIT」から。
 本編SSZではミッション3の中盤からADAMS(プレイヤー)の機体として登場する主役機である。

 「STRIKE SUIT」、そして第二世代型ストライクスーツという位置づけである「MARAUDER」「RAPTOR」にも共通する事だが、最大の特徴は戦闘機形態のパースートモードと、人型形態のストライクモードへの変形機構という二つのモードを持っているという事。
 パースートモードでは常に直進しながらよくあるフライト物の操作感であり、FLUXゲージを溜める事で使用可能となるストライクモードではマルチロックのミサイルで敵戦闘機に対して大打撃を与える事が出来る。
 互いのモードは戦闘方法はおろか操作方法すら全く違うし、そもそもパースートとストライクとの間では使用できる武装も変更される。

blog130505_2.jpg

blog130505_5.jpg

 「STRIKE SUIT」のパースートモードとストライクモード。
 SSIではこの二つのモード両方を上手く使い分ける事が出来るとプレイに幅が出てくる……そんな状況も登場する。

 パースートは戦闘機形態である為、常に前進し続ける
 だが、ストライクモードでは、その場に留まることが出来る。どんなに高速移動をしていても、変形すればピッタリその場に止まれる。
 これは言い換えると、急加速で前進している途中でストライクモードに変形すれば、急ブレーキをかけられるという事。これを自在に使いこなせるようになると、色々と応用が利くようになる。

 例えば今作SSIでは、アステロイドベルトの中での戦いや、大型の接触判定のある残骸が散らばるラウンドがあり、大量の敵機に追われた状態で突然目の前に小惑星が斜め上から接近してきた! みたいな状況も起こりうる。
 このゲームの接触は1回でシールドゲージが消滅してしまう。なので衝突は避けたいのだが……そんなときには衝突する前にストライクモードに一度変形し、左右上下の安全なルートへ修正するなりに緊急回避するなりし、再度パースートに変形をすれば接触を回避できる、というわけ。
 慣れてくれば、機体を急な方向に転換したり、敵の攻撃や接近して自爆する特効兵器を回避する目的でストライクモードが使えるようになってくる。
 フライトシミュ的なパースートモードの動きと、TPS的な操作感のストライクモードのそれぞれの利点を理解し、自在に操作できるようになると、格段に面白くなる。

 あと、気づかない人もいるかもしれないから一応、変形自体はFLUXゲージを使用しない。
 敵や残骸を倒すことでFLUXゲージを溜めて変形して敵を撃退して……というのがこのゲームの基本なので、最初の頃はゲージを溜めた後は使い切ってしまう事が殆どだと思う。
 だが、変形自体はFLUXゲージが少し溜まっていればいつでも可能、つまり少しゲージが残ってさえいれば自由に変形できるということ。敵編隊は横一列に並び、こっちに向かって直進しながら各々の武器で掃射してくる。左右に避けても被弾する事が多いし、上手く避けたとしてもその後は敵の背後を突く為に減速や旋回をしなければならない……が、変形出来ればオートロックですぐさま振り返れられるし、単純に大きく方向転換したいならその場でグルッと旋回した方がずっと早く済む。
 ごましお程度に覚えておいてくれ……


blog130505_3.jpg

 さて、少々話がすれたが「STRIKE SUIT」の武装は「機銃 RPEF 92mm Pu」と「マルチロックのミサイル MTAM Circus」。
 機銃はそこそこの威力のある単発の弾丸を発射し、ミサイルは40発まで連続発射できる。なおミサイルは40発撃ちきってもすぐに補充されるので、初めの頃は弾切れはあまり気にする必要は無い。

 まず機銃の説明から。
 機銃の射程は距離1000、つまり1000以内にロックした敵を照準に捉えれば命中、射程内に捉えると照準が赤くなるのですぐわかるハズ。
 威力は敵ファイターがシールド+アーマー全快の状態からだいたい4発で撃墜できる。
 使い勝手も変なクセが無いため可もなく不可もなく……といった感じで要するに使いやすい。

 なお他2機の射撃兵器がもの凄く尖っている性能しているので、とにかく使い勝手の良いこの機銃はいろんな場面で重宝する。
 射程1000以内ならそれなりにダメージを叩き出せる為、敵戦闘機の止めの一撃や、敵戦艦の砲台を正確に破壊したり、ミサイルロック不可のラウンドなんかでも射程距離1000の恩恵により安定した性能を発揮してくれる。

blog130505_4.jpg

 次にミサイルだが、これもまた大変使い勝手の良いマルチロックのミサイルであり、ミサイル1発の威力も中々高く大量の敵戦闘機を一気に殲滅することが可能。

 当然、戦闘機編隊を叩く場合にはマルチロックは有用だし、コルベット艦みたいに多少硬い敵を相手にするなら集中ロックして叩き潰す事も可能だ。
 状況によって「複数相手へマルチロック」か「耐久力のある1体に集中攻撃」かを使い分けれるようになると良い。


 総評として、「STRIKE SUIT」は非常に安定した性能であり、様々な状況に対応することができる万能機である、ということ。
 パースート時の武装とあわせれば、幅広いレンジに対応する事も可能。敵戦闘機集団を撃退するか、敵戦艦の武装を剥がしに行くか、あるいは自爆兵器や敵艦から発射された魚雷を破壊して味方艦を守るか……
 「全対応可の万能機」となるか「器用貧乏などっちつかず機」となるかは使う人次第。使っていって「もっと遠距離から一方的に殺りたい!」とか「敵を一体ずつバラバラに解体したい!」とかそういう感じになってきたら、そのときは距離特化型である他の2機を検討してみると良いかもしれない。





 オートロックの機銃掃射、高威力のマルチロックミサイルと、ストライクスーツの基本が詰まっている機体であるので、始めたばかりの人はまずはこの「STRIKE SUIT」を使って練習してみると良いと思うよ。

 今回は一番手ということで「STRIKE SUIT」の事よりもゲーム中の操作に関して基本的な部分を多く書いている為、他の2機種に関しては次回とさせてもらう。

blog130505_7.jpg

 なお、次回は超遠距離の高威力単発型である「MARAUDER」の紹介をする予定。
2013-05-06 : ゲーム:StrikeSuitInfinity :

Strike Suit Infinity(ストライクスーツインフィニティ)実食

blog130503_01.jpg

 てなわけで、実家から帰ってきて早速やっております、StrikeSuitInfinity(ストライクスーツインフィニティ)

 タイトルから察するとおり、StrikeSuitZeroからの派生であり、本作は本編である「Zero」からストーリーや死にやすくてウンザリな護衛対象というストレスから解放された、スコアアタックモード(とシミュレーションモード)で構成された。独立した1作である。
 6.99ドルっていう価格の通り、本作はスピンオフ的な位置づけになっている。

 ……が、今作は本編では決して出来なかったような、味方を気にせずに思いっきりストライクスーツをブン回せるっていうところがもう良い、すごく良いのだ。「おまえ装甲ダンボールなんじゃねぇの?」ってくらい貧弱なアルカディアとか守らなくても良いんだから。

 そんなわけで、本作StrikeSuitInfinity、略してSSIの簡単なさわりだけ紹介。


blog130503_02.jpg

 まず、機体は初期機体としておなじみの「STRIKE SUIT」
 それ以外に2機のストライクスーツが存在しており、ステージを進めていくと開放されていく仕組み。
 現在、前作「StrikeSuitZero(以降SSZ)」のDLCとして追加された「RAPTOR」まで使用可能となっている。
 (もう1機はまだ開放されてないので不明……)

 STRIKE SUITとは違い、RAPTORは近距離戦闘型の位置づけとなっており、機銃ではなくショットガンをぶっ放す。
 このショットガンは、射程が短い代わりに威力が素晴らしく、ファイターならシールド+アーマー満タンの状態からでも最短2発で撃破可能。さらに、マルチミサイルのロック速度が尋常じゃない速さであり、とにかく得意な距離に移動して短時間で敵を殲滅できる……とスコアアタックにはもってこいの機体となっている。

blog130503_04.jpg

 お次は、実際に動かしているHUD画面。
 SSZを既にプレイしている人には、このHUDがSSZのモノとは違うことにすぐ気づくと思う。
 SSIはあくまでスコアアタックをメインに持ってきているため、本編SSZとは画面の構成が一部違っている。
 (画像のそれぞれ赤く囲っているところがソレ)

blog130503_05.jpg

 まずは一番左上の表示から。
 ここには「現在のクレジット」「味方機」「敵の情報」(主に艦隊の残りアーマー)(これらについては後述)、そして「WAVE TIMER」となっている。

 ちなみに「WAVE TIMER」っていうのは、他のFPS(Gears of Warシリーズやったことあるならすぐ分かると思う)なんかでよく使われる、「波」……つまり「次の敵勢くるまでこれくらいですヨー!」っていう意味、だと思えばいいかな。

blog130503_06.jpg

 ここ(真ん中)のHUDは本編SSZとは大分変わっている。
 まず、メイン武器エネルギーや武器の表示が無い。これらは右の方へ移動した。
 変わりに追加されたのは、現在のスコア、得点倍率、今までのベストスコアの3つ。
 敵を倒すごとにスコアは増えていくが、ある程度の間隔以内で連続で倒すことによりコンボが成立し、最大*10.00まで倍率が上がっていく。
 なお、得点倍率は敵を倒していかないとどんどん減っていく。ハイスコアを狙うには迫り来る敵を次々連続撃破し、なるべく途切れないように調整する必要もある。これが中々難しい。

blog130503_07.jpg

 最後は右上のHUD、見てのとおり武装やエネルギー関係は全てここに集約された。
 SSZと場所が違うので、最初は若干戸惑うかもしれない。


blog130503_08.jpg

 さて、HUDの中にもある「CREDITS]についてだが、敵艦を落としたりするとこんな感じでスコアとは別で貰える事がある。
 これはハイスコアを狙う上で非常に重要な要素となっている。

 本編であるSSZをプレイしたことがあるなら、このゲームに登場する敵戦艦は非常に堅く、たとえ一騎当千のストライクスーツでも有効なダメージを与えることが出来ないという事を身をもって知っていると思う。
 しかし、SSIはストーリ進行というものが無いため、何もしなければ友軍機は来ない。
 そこで役立つのが「CREDITS]である。

blog130503_10.jpg

 ステージクリア毎に、上のような感じで次のラウンドで登場する主な敵編制がどんなものなのか知ることが出来る。
 例えばこの画面上では一番最後のWAVEでフリゲート艦が2隻出現する事がわかる。

blog130503_14.jpg

 当然の事だが、敵艦の撃破は得点が高い為、絶対に落とすべきである。ところが前述の通りストライクスーツの火力を持ってしても、フリゲート級を1隻落とすのは非常に骨の折れる作業であり、制限時間までに1隻落とすのがやっとであろう。
 ラウンドのクリアには影響しないが、ハイスコアを狙うのであれば絶対に撃破したいハズ。チクショウ、敵艦に有効打を与えられる魚雷……魚雷さえ使えれば……

blog130503_11.jpg

 そう、このゲームでは敵戦艦に大打撃を与えることが出来る唯一の手段である魚雷や対艦ビームが撃てる味方がいれば、この問題は解決するのである。
 ということで、この画面では手持ちの「CREDITS」を支払って援軍に「BOMBERS(爆撃機編隊)」を呼び寄せた
 今作中、SSZ本編のミッションで使用できた「BLADE BOMBER」を自分で操る事は出来ないが、代わりに戦闘機編隊や味方フリゲート艦やクルーザー艦、そして皆が煮え湯を飲まされた空母アルカディアを、クレジットを支払うことによりそのラウンド内でのみ援軍として呼ぶことができる。

 なお画面上部は選べる援軍一覧下部はクレジットを払うと味方がアップグレード、となっている。
 上にも書いたとおり、援軍はそのラウンドの中でのみ有効というサービス精神のかけらもない連中であるが、アップグレードはゲームオーバーになるまで有効である。

blog130503_13.jpg

 つまり、ハイスコアを狙うのなら適材適所で最低限の援軍を選び、程よくアップグレードしていくという風に計画的に資金運用をしていく必要がある。

 よく考えよう、お金は大事だよ?
 援軍をケチれば敵艦隊の撃破は絶望的となってしまうが、逆に援軍を呼びまくれば戦闘は楽になるかもしれないが後が続かない。この塩梅が中々難しく、面白い。


blog130503_15.jpg

 あと、ラウンドの中にはボーナスステージよろしく、FLUXゲージが常に満タンな状態で敵100機編制相手に無双するという、「味方を守りながら」という本編では決して味わえないモノもあり、7ドルクラスにしては中々メリハリが利いたステージ構成になっている。
 中には本編に存在しないシチュエーション(延々と爆弾が追いかけてきて当たると即死、等)もあり、自分の中では確実に値段以上のモノが詰まっていると思う。




blog130503_16.jpg

 とまあ、駆け足ではあるけど、SSIのさわりだけを紹介してみたが、どうだろうか。

 ちなみにスコアはステージごとにインターネットランキングに登録され、他の人と競うこともできる。
 新武装やアップグレードがステージクリアで開放されていく仕組みなので、1周目では狙うのは難しいと思うが、機体や装備が揃っていけばハイスコアランカーを目指してみるのも面白い。

 興味があれば、君もハイスコアを目指してみるのも悪くないぞ!
2013-05-04 : ゲーム:StrikeSuitInfinity :

StrikeSuitInfinity

20130501_01.jpg

 実家に帰っております。
 その実家に帰った時に知りました、StrikeSuitInfinityが今日付けで入ったということを。

 おぉい、これはどういう仕打ちかね!?
 実家から戻るまで、俺はプレイできないというインシデントに見舞われている!
 なんたる不運! 間の悪さ!

 現在、しょっぱなから50%オフとなっているので、購入するだけしておくってのはありだな、ありだ、そうありなのだ(もう購入済)

 ちなみに、7ドルクラスなので、たぶん本編のオマケ程度の内容なんだと予想。
 ストライクスーツも3種類になってるみたいだけど、ひとつはどう見てもRaptor(ショットガンタイプのショートレンジタイプ)なので、実質新機体は1種類だけってことかな?

 実家のPCではちょっとプレイは無理なんで(DirectX11がサポートされて無いと無理)、買うだけ買って、家帰ってからプレイすることにする。ウーン!残念!!
2013-05-01 : ゲーム:StrikeSuitInfinity :
ホーム

管理人(ひと)

レヴィ介

Author:レヴィ介
やはり…何かが起きている!
(起きてない)

Twitter

ゲームの類な

*xbox360ゲーマーカード*

*SteamCard*


積み

PC
・ダークソウル
・Dungeon Siege(1.2.3)
・Legend of Grimrock
・Alan Wake
・The Witcher
・Farcry3
・FarCry3 BloodDragon

xbox360
・DeadSpace2
・Fallout:New Vegas
・アサシンクリード2
・CoD:BO2
・ダークソウル(海外版)
・デッドライジング2 OTR

PS3
・DISHONORED
・地球防衛軍4
・トーキョージャングル
・HEAVY RAIN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。