スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

LAMY2000のリフィル交換(PILOT)

blog130615_01.jpg

 LAMY2000用にリフィル買ってきたじゃんか。
 今回はPILOTのBRF-8をチョイス。

 黒だけ0.5(BRF-8EF)、他の色はは0.8(BRF-8F)。

blog130615_02.jpg

 上がLAMY2000純正のリフィル。
 下がPILOTのリフィルのBRF-8F。


blog130615_03.jpg

 リフィルの交換はそんなに難しくない。まずが先端の方を回して、外す。

blog130615_04.jpg

 普通のマルチボールペンと同じように、LAMY2000もこんな感じになっている。
 ちなみに外すときは絶対に赤で囲った金属部分を爪で押さえながらリフィルを抜くこと。
 コレをやらないと、LAMY2000を破壊してしまう。

 ごましお程度に覚えといてくれ……

blog130615_05.jpg

 純正リフィルが取り付けられている状態、これが……

blog130615_06.jpg

 こんな感じになる。ちゃんとわかるようにリフィル自体に色がついているのだ。

blog130615_07.jpg

 そんな感じで、全部の色を交換していく。
 リフィルの交換自体は非常に簡単で、しかもインクも好みで変えられる。油性とか、ゲルとか、水性とか。
 リフィルのサイズさえ合っていれば色々と自分好みなカスタマイズが出来る、これがボールペンの良いところだと思っている。試す為にかかる費用も全然かからんしな!

blog130615_11.jpg

 そして試し書きをするのだ。
 今回はウチよりも文房具に詳しいWarriorにオススメされた、ロディアに試し書きすることにする。
 このフランス原産のメモ帳は紙質が大変すばらしいのでマジオススメ。


blog130615_08.jpg
blog130615_09.jpg

 上の写真がLAMY2000純正、下がPILOTのBRF-8。
 両方とも少なくとも3時間は使ってない状態から、他で試し書きをしないで書き始めたモノ。

blog130615_10.jpg

 両方同時の写真。
 「ごましお程度に覚えといてくれ」を一日に何回も書いたのは初めてじゃんか。

 見ての通り、純正は出だしの色が全然出てくれないの対して、PILOTの方は出だしからちゃんと色が出ている。
 純正の、ちょっと使ってないとすぐに色が出なくなるのを何とかしたかったのだが、この問題は思惑通りに解決したのであった。これが84円*4で解決するのだから、安いものだ。

 
スポンサーサイト
2013-06-15 : 文房具 :

LAMY2000とロールペンケース(Milagro、Pensemble)

blog130608_01.jpg

 ウオー! 届いたぞ-!

 文房具をちゃんと決めて買うのはかなり久しぶりな気がする。
 なにせ、ちょっと前までは中学生時代に買ったスポルディングの筆入れが現役でしたので。

 あと、たまたま今使っているボールペンのインクが無くなったってのもあって、折角だからなにかちゃんとした良い物を買おうと思いまして。探して良さそうな物をチョイスしてみたワケであります。

blog130608_02.jpg

 まず筆入れ、ロールペンケースを二種。
 上の方は、PILOTの「Pensemble」(ペンサンブル)シリーズから、5本差しタイプ。
 下の方は、ミラグロのトスカーナレザーのペンケース。こちらも同じく5本差し。

blog130608_03.jpg

 開くと中はこんな感じ。あ、上下入れ替わってた。

 ミラグロのほうは、ペン差し部分が結構狭く、端に小さいメモや付箋紙なんかを挟んでおけるようになってるのがうれしい。革の質感は堅めで丈夫そうな感じがする。ちょっと堅めすぎて取り回しがし辛いが、使ってる内になれてくるだろうから特に問題視はしていない。

 むしろ問題なのは、ミラグロは上部をふさぐものがないので、よく鞄の中でペンが吹っ飛んでいる事。
 フリクションボールスリムみたいにクリップの内タイプは、入れておいて適当に移動してから取り出すと確実に行方不明となる。

blog130608_04.jpg

 ペンサンブルの場合、上部をふさぐ布がちゃんとあるので、その点は優秀。
 ただ……前評判通りちょっと臭いなコレ

 万年筆のような太めのペンを入れておけるよう考慮されているので、5本の内2本は結構広く作られている。
 それ以外の3本の箇所も比較的広い。スウェードなのでペンにも優しいしな。
 狭い方でもフリクションボールスリムなら2本は余裕、広い方なら3本入る。

 仕事でもメモ取るときに多用フリクションボールと、ちゃんとサインが出来るペンの両方をどうしてもいつも持ち歩きたい自分に取っては、この5本差しはちょうど良い。

 そういや、パイロットの公式見ると色は黒しかないな。今回買ったこのブラウンは生産止めちゃったのかしら?

blog130608_05.jpg

 お次は、今回の文房具取りそろえの一番の本命、「LAMY2000 4色ボールペン」

blog130608_06.jpg

 実にシンプルで飾らない実用性な形であり、裏を返せば完成されたデザインとも。
 ペン自体がすごく小綺麗感を出していて、自分としてはまさにこういうのを探していたのですよ。

 しかし、これ本当に1966年にデザインされたペンなのか……というレベル。
 40年以上もずっとこのままの形で売られてきたとは、正直恐れ入った。
 

blog130608_07.jpg

 LAMY純正のリフィル(LM21)は、油性。自分にとっては十分太字である0.7mmタイプ。
 試し書きしたが、油性なので出だしは中々色が出てこなくて困った。

 0.7mmだと自分としては太字すぎて、細字が好き……というかクソ狭い部分に書くことを強いられる状況が多々ある身としては太すぎるくらいだ。別にリフィル自体は悪くはないのだけどね。
 なので、リフィルはLAMY以外の物を使っていく予定。ゼブラのゲルインクとか。4Cタイプなら殆ど使えるらしいし。

blog130608_09.jpg

 そんなわけで、今回から新たに追加された道具。
 また末永く使っていきたい。
2013-06-08 : 文房具 :
ホーム

管理人(ひと)

レヴィ介

Author:レヴィ介
やはり…何かが起きている!
(起きてない)

Twitter

ゲームの類な

*xbox360ゲーマーカード*

*SteamCard*


積み

PC
・ダークソウル
・Dungeon Siege(1.2.3)
・Legend of Grimrock
・Alan Wake
・The Witcher
・Farcry3
・FarCry3 BloodDragon

xbox360
・DeadSpace2
・Fallout:New Vegas
・アサシンクリード2
・CoD:BO2
・ダークソウル(海外版)
・デッドライジング2 OTR

PS3
・DISHONORED
・地球防衛軍4
・トーキョージャングル
・HEAVY RAIN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。