スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

HAWKEN再始動

blog150409_ha01.jpg

 ――HAWKEN、再始動。

続きを読む

スポンサーサイト

tag : HAWKEN

2015-04-09 : ゲーム:HAWKEN : コメント : 0 :

HAWKEN界の冷暖房さん

blog140215_01.jpg

 本日2/14(日本時間だと2/15)、STEAMに移行してから初めてのパッチがきた。
 で、その中には以前すでに伝えられていた新機体「Incinerator」の実装も含まれている。

 ちなみにIncineratorとは焼却炉の意味。
 熱そうな名前であるが、どんな機体なのか?

blog140215_07.jpg



■熱量が回復しない?
 さて、まずこの機体を使ってみてあることに気がつく。このIncinerator、武器の放熱がされないのだ。
 HAWKENの基本システムとして、発砲を続けると武器の熱量が溜り、使い続けるとオーバーヒートを起こし数秒間一切攻撃が出来なくなってしまう……のだが。

 なのに、Incineratorは武器の熱量が下がることはない、これは一体どういうことなのか?


blog140215_03.jpg

■熱量を武器に変換する新機構
 実は、Incineratorは自身が溜め込んだ熱量を攻撃に使用するという恐るべき機構を備えた機体だったのだ。
 今までは熱量=オーバーヒートであり、武器の使用が制限される煩わしい仕組みであったのだが、Incineratorに限って言えば熱量は逆に攻撃手段となる。
 右手に持っているSAARE LAUNCHERは、機体に溜った熱量を発射する。SAARE LAUNCHERはデュアルモードの変形武器だが、どちらも無誘導の投擲砲となっている。違いは使用熱量と攻撃力の差のみ。弾道はレイダーのコルセア榴弾に近い。
 熱量を使う武器なので、熱が溜っていないと発射できないので注意。


blog140215_04.jpg

■変形は無いが、かわりに……
 Incineratorは、重量級メックの中で初めて変形機能を持たない機体である。
 で、代りに固有能力として何を持っているのかというと。

blog140215_05.jpg

 溜め込んだ熱量エネルギーを全て攻撃エネルギーに変換して、全方位攻撃を繰り出す。
 この攻撃はかなりの広範囲に及び、この攻撃を受けた機体はおおよそ90~150前後のダメージと若干の熱量をもらうこととなる。ダメージは溜め込んだ熱量によってかわり、攻撃範囲は一律2機分程度の範囲となっている。
 この全方位攻撃、確かに発動までに時間がかかり無防備となってしまうのだが、自分の背後や空中にいる相手まで攻撃が届き、挙げ句の果てに使用に関しての制限は熱量の有無のみである。非常に使い勝手が良い。


blog140215_06.jpg

■謎の熱量吸収機能
 熱量攻撃の他に、Incineratorには謎めいた機能が備わっている。


blog140215_02.jpg

 どういう仕組みかはわからんが、付近の機体の武器熱量を冷ますという機能がある。
 この効果を受けている機体は、HUD内にアサルトの温度計マークが表示され、常に武器のクールダウン効果を受けることができる。この効果は自分自身は対象ではない。
 なので、Incineratorと併せて移動する機体は武器温度のストレスから解放される。ただし、この効果は敵味方関係なく発揮されるので注意。

 近くにいるだけで冷めたり熱くなったりと、HAWKEN界の冷暖房のような存在であるIncinerator。
 テクニシャン、プレデターと続いて、またもやクセの強い機体がロールアウトされてきますが。

 今回の機体は、熱量を放出して攻撃する=熱を気にしないで撃ちっぱなしで突っ込んだり引いたり出来るわけで、全方位熱量攻撃も併せるとダントツの牽制力を誇ると思われる。
 適当に武器撃ってるだけでもそこそこ強いし、足回りもそこまで遅くはないので、あまり操作に慣れてない人が使ってもいいかもしれない。
2014-02-15 : ゲーム:HAWKEN :

HAWKEN、STEAMへ移行する

 HAWKENがSTEAMに移行しまっせ!





 いささか急な話ではあるのだが、2/5――つまり日本時間だと2/6よりHAWKENがSTEAMへ移行となる。移行後は今までのランチャーからではなくSTEAMの方からHAWKENを起動する事になるわけなので、これは結構うれしいところ。
 というのも、少し前の事になるのだが、HAWKENは何らかの不具合で全フレンドリストが消滅していたので、STEAMが使えるとなればそっちのフレンドリストが使えるわけでして。登録をしなおす手間が省けるのでこいつぁ良い。

 HAWKEN移行に関しては、 Steam Transition Guide(http://www.playhawken.com/steam/guide)の方に載っているので参照とのこと。例によって英語しかないけど。
 
 ものすごく大雑把に内容をまとめるとこんな感じ。

 ・2月よりHAWKENのプラットフォームはSTEAMへと移行、今後はゲームの起動やパッチの更新、Meteorクレジットの購入等はSTEAMに統合される事となる。
 ・既存プレイヤーの移行も行われるが、(恐らくSTEAMに負荷軽減の点から)移行は少しずつ行う事とする。
 ・既存プレイヤーへは登録されているメール宛に製品コードが送られてくる。
 ・移行期間中はplayhawken.com(現在の公式)からの新規受付は無効となる。
 ・今後、HAWKENのランチャーからはパッチ配布は行われない為、STEAMからインストールを行う前にアンインストールをする事を勧める。
 ・パッチ後、HAWKENをプレイするにはSTEAMアカウントが必須となる。
 ・STEAM側でのHAWKENダウンロードについて、もし2月11日までに製品コードが配布されてこなかった場合はplayhawken.zendesk.comへ。
 ・Meteorクレジットの購入は、STEAMウォレットを利用できる。クレジットカードが無い人はコンビニ等でSTEAMウォレットコードを購入すればOK。
 ・その他の今後のパッチには、Front LineでのCoopの実装、新機体の追加のリリースが含まれます。


 なんか、さりげなく新機体の追加が含まれてたりします。移行ガイドだよなこれ……


 ちなみにその新メックなんですが、おれたちはすでに知っているのだよ諸君。
 実は公式のバランス調整パッチの情報の中にそいつがすでに載っていたりするわけですね、ココに。

blog140205_01.png
blog140205_02.png
blog140205_03.png

 incinerator(焼却炉)とは一体……うっかり名前出しちゃったとかそんなわけないだろ!ふざけるミ!
2014-02-05 : ゲーム:HAWKEN :

HAWKEN: Ascension(今度こそ本当の)

blog130912_03.jpg

 ついに(やっと)きた、HAWKEN: Ascension(β0.9.4)。
 延期になって、テストサーバー出てきて、10日に間に合わない!ってなって、そしてついに来た。

 で、まあとりあえず軽く流しでやってみたんだが。


blog130912_04.jpg

 ――TDMに行ったら、開幕相手チームが全員落ちたり。

blog130912_05.jpg

 ――謎のオブジェクトを発見したり。


blog130912_06.jpg

blog130912_07.jpg

 ――オートバランスが死滅したりしてました。


 HUDを初め、ゲームのメニューや仕様どころかゲームの内容自体をかなり手を加えたHAWKENですが、かなり色々と手を加えた結果、完全に新しいゲームと化してしまったわけで、かなり重傷な問題も数多く浮き彫りにしてしまっている。

 思いついただけでも並べてみると……

・機能していないオートバランス
 今までのレートシステムからパイロットレベルがマッチングで使われるようになったが、上限LVが30な上に簡単に上限に達してしまうので、かなりの腕前の上級者から中級者くらいまでが全て同じ扱いでオートバランスをかけようとして……つまりオートバランスがかかっていないも同然の状態。
 どう考えても、昔のレーティングのシステムでオートバランスかけたり、入室制限をかけてた方がずっと良かったと思うのだが。

 初期のクイックマッチのみのオートバランスもなかったあの頃よりも酷い事になっており、とても「対戦」とは言えない状況がかなり多い。
 後述のPTかと思ったが、一応シャッフルされるので純粋にオートバランスがバランサーとして機能していない恐ろしい事になっている。


・時期早尚であったパーティ機能
 パーティ(PT)機能が追加されたのだが、実装のされ方が色々と酷い。
 まず普通に野良のサーバと一緒にマッチングされる。一応、相手側の人数が同数になるまで対戦が開始されないという手段をとっているのだが……
 最悪なのが、PTを組んでいるメンバー以外は、相手がPTを組んでいる事がわからない

 いくらなんでも、これはちょっと……考え無しすぎないかコレ。PT機能を入れるのは良いんだけど、今のHAWKENはそれを受け入れる状態では無いと思うのだが。

・USA鯖の統合
 今までUSAは東と西は、サーバのカテゴリが別々になっていたが、今回から別々になってしまった。
 一応、中に入ればどっちなのかがわかるのだが……それに中々気づけなかった。気づくまではPing200台でPing二桁相手に戦うという色々と酷い感じであった。なんで統合しちゃたんだろうコレ。


 ひとまず、今日は休みだったので色々と試しながら対戦に突っ込みまくっていたが、なんというか現状微妙な感じがしている。HUDが変わって慣れないってのもあるけど、機体の強化できる部分がそれぞれ決まっているので、「この機体はこの方向にしか強化出来ないから、こう使え」っていわれてるような気がするんだよな。

 バランス取りもなんか調整不足を感じるし、高速移動する機体がゲームと回線について行けなくてガクガク移動したり、TDMで相手のベースからリスポンしたりするバグがあったりとか、もしかしれコレ、イチから調整し直しみたいなことになってるのでは……

 行く末が若干不安になってきたのは、きのせいだとおもいたい。
2013-09-12 : ゲーム:HAWKEN :

Hawken:Ascension週末サーバ負荷テスト

blog_20130907_01.png

9/5(日本時間だと9/6)に予定に予定されていた次期大型パッチ、Hawken:Ascensionですが、諸事情により現地時間の9/10に延期になってしまった。

長らく待たせてくれたところでの再度の延期で相変わらずヤキモキさせてくれるHAWKEN公式ですが、そんな中、今日から明日にかけて専用のテスト用クライアントによるサーバ負荷テストを行うとの発表があった。

詳細が見れてないのでどういう方向性での負荷テストなのかはちょっとわからないが、このテストは新パッチの当たったHAWKENを一足早くプレイできる上、参加者にはもれなくXP二倍7日間の権利が配布されるsとのことだ。
なので、あらゆる面で新しくなったHAWKENを一刻も早くやりてぇ!!やらなきゃ過呼吸で死ぬ!!!ヒャアッ我慢できねー!!みたいなジャンキーな人は参加してみては如何だろうか。



ちなみに自分は物凄く参加したいのだが、今は仕事で出張中の身につき参加は見送りである。すこぶる残念で仕方がない。
みんなは一足先に楽しんでいてくれ……!
2013-09-07 : ゲーム:HAWKEN :
ホーム  次のページ »

管理人(ひと)

レヴィ介

Author:レヴィ介
やはり…何かが起きている!
(起きてない)

Twitter

ゲームの類な

*xbox360ゲーマーカード*

*SteamCard*


積み

PC
・ダークソウル
・Dungeon Siege(1.2.3)
・Legend of Grimrock
・Alan Wake
・The Witcher
・Farcry3
・FarCry3 BloodDragon

xbox360
・DeadSpace2
・Fallout:New Vegas
・アサシンクリード2
・CoD:BO2
・ダークソウル(海外版)
・デッドライジング2 OTR

PS3
・DISHONORED
・地球防衛軍4
・トーキョージャングル
・HEAVY RAIN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。