スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

HARDで一周、Bioshock Infinite

blog130430_01.jpg

 Bioshock Infinite(バイオショック インフィニット)、一周クリアした!

 難易度HARDでプレイしてたのだが、なかなかの難易度であった。
 敵の攻撃力がべらぼうに高く、体力も多いのですっごい苦労した。特に序盤。

 このゲーム、体力とは別に削られても時間で回復するシールドがあるんですが、序盤はシールドが無いんだよ。
 なので、やたら攻撃力の高く体力のある複数を相手に銃撃戦を強いられるわけで、何度死んだことか。

 ちなみに今回はゲームオーバーは特に無く、死んでも金が減ってチェックポイントからやり直せる……という仕様なのだが、これがまた厄介な仕様で、死ねば死ぬほど金がなくなって辛くなる。
 一作目もそうでしたが、自動販売機で弾薬、武器の強化、特殊能力であるビガーの強化をする訳なんだが、当然有料、なので死ねば金が減っていくこの仕組みともの凄くミスマッチ。
 一応、死んでも敵の体力が少し回復する程度なので、死にまくってもゴリ押しで進めることが可能。可能なんだが……ゲームとしてなんか違和感を感じる。

 さらに言わせてもらうと、リスタート場所の一部がかなり理不尽
 大体のチェックポイントが敵が近づいてこれない(自爆で突っ込んでくる奴は除く)ので安全に復活できるのだが、希に安全圏じゃない場所がリスタートのポイントになっていて、これがエラくストレスが溜まる。
 復活した目の前に、やたら強くて硬くて巨大なパトリオットやヘビーヒッターがウロウロとリスキル待ち状態になっているのは正直閉口させられた。死んで復活すると敵の配置が元に戻るようになるのだが、一部の敵や場所だとそれがうまく作用しないため、復活地点に大量の雑魚敵がひしめき合ってたり、倒すのに時間がかかる大型の敵が待機してたりする。個人的にすごく不満な、減点ポイントだった。

blog130430_02.jpg

 まあそんなこんな仕様のおかげで割としんどい難易度でプレイしたせいで、一周クリア後に追加されるHARD以上の難易度「1999モード」なんですが、上記のリスタート地点の理不尽さとか、敵が異常に硬くて倒すのがめんどくさくなるとか、ビガーの使いどころを一度間違えると色々と取り返しがつきにくいとか、武器が2個しか持てないとか、ぶっちゃけますけど戦闘は単調でバランスもそんなによくないんで、あんまりやる気がしなかったり。

 敵の種類が少ないってのもあって、ボス戦みたいなのもなかったのはアレだったなぁ……

 1作目はスプライサーの種類の多さや、ビッグダディやリトルシスター存在、ラスト付近の急展開に、最後の黒幕としてラスボスが構えていたりと、とにかく飽きがこない作りになっていたのに、インフィニットは同じ顔ぶれ相手に終始銃撃戦、ボスとして出てきた敵はすぐ後に雑魚敵として登場(しかもクソ強い上に一杯出る!)ので、どうしても単調で飽きてくる。
 ボス戦もまあ……あるにはあるんだけど。基本銃撃戦以外無いからなぁ。もうちょっとなんとかならんかったのだろうか。

 吹替えもかなりいいし、ゲームの世界観も悪くなく、日本ではあんまりストーリーは評価されてない(というか日本人に人種や階級の差別、解放戦争なんか馴染み無いからピンとこないだろうし)けど、ウチは結構好きだ。
 だけど、肝心のFPSとしての戦闘の部分がそんなに出来が良くないので、大手を振って「おもしろかった!」って言えないのが残念、本当に残念。

関連記事
スポンサーサイト
2013-04-30 : ゲーム:Bioshock Infinite :

Bioshock Infinite買ってきた

blog130427_02.jpg

 Bioshock Infinite(バイオショック インフィニットを購入。

 何気にパッケージでゲーム買ったのってすげぇ久しぶり何じゃ無かろうか。
 確か最後に買ったゲーム(物理)は一回しかプレイしていないCoD:BO2だったと思うので、去年の12月を最後にパッケージソフトの購入はずっとしていなかった。

 最近だとPCでゲームやることが多く、しかもSteamあたりで何でも買えてしまうので、パッケージに手を出すことがめっきり少なくなってしまった。というかゲーム屋に足運んでねぇ。


blog130427_03.jpg
 ちなみにBioshockシリーズは1作目だけやってた。
 海底都市ラプチャーでビッグダディとレンチで戯れたりしてた。

 Bioshock2は全く触っていない。なんかマルチが隔離サーバだったり、2は吹き替えが無かったので、買う気失せたので。
 1作目の吹き替えが逸材だった場合、続編で吹き替え無しとかになるともうその時点で買う気無くなるんだよなぁ。Alan Wakeの続編であるAlan Wake American Nightmareとかもそんな理由で買ってなかったし。


 今回はかつてのラプチャーの話から切り離され、全くの新しい話になった。
 そもそも今回は海底ではなく空が舞台だし。

 日の届かない海底で退廃し狂っていく、おどろおどろしいホラー要素満載の都市が舞台の前作までと比べて、今作は雲の上の日光が降り注ぐ開放感溢れる都市、コロンビアが舞台であり、きっとラプチャーみたいなおっかないホラー要素とかは皆無であろうと思う。開放的な場所に違いない!



blog130427_04.jpg

 アッハイ……
関連記事

tag : BioshockInfinite

2013-04-27 : ゲーム:Bioshock Infinite :

ACVD ネットワークテスト

blog130426_01.jpg

 結構なレベルで今更感が漂ってはいるが、今着手していた仕事に一段落ついたということで、ACVDのテスターにエントリーしてみることに。
 当選するかはわかりませんがね!

 ちなみに、現在は第二回まで決まっているので、
 ・第3回 2013年5月4日 (土) 20:00~24:00
 ・第4回 2013年5月11日(土) 20:00~24:00
の二つから、ということに。今日までは土日は仕事に出ていたのでエントリーは避けてましたが、もう「当選しても参加できねー!」っていう事態はなくなったので胸張ってエントリーしてみた限りで。


 ――ちなみに。

Q. ネットワークテストでのプレイ内容を公開してもいいですか?
A.ネットワークテストプレイ規約上、ゲーム内容をインターネットや掲示板、ツイッターなどへの書き込み、
そして、ゲームの映像や画像をインターネット上やその他のメディアに掲載することは禁止となります。


と書かれているとおり、情報は一切掲載してはいけない事となっているため、例え当選してもなんも情報は出しませんのであしからず。
関連記事
2013-04-26 : ゲーム:ACVD :

Technician参上の巻

blog130420_02.jpg

 ということでHAWKEN、テクニシャン(Technician)の登場である。

 毎度の事なんだがHAWKENはパッチ直後は本当に不安定で、ログインできなかったりサーバー落ちたりクライアント落ちたりしまくるのよな……おかげで試せるのが1日遅れた。


blog130420_04.jpg

 「回復」兼「解体」のデュアルモードの「Helix Repair Torch」なのですが、これがまた随分な高待遇っぷり。
 前情報どおり、味方のアーマー値を回復するのだが、どういうわけか味方修理中は自分のアーマー値も回復するというトンデモ仕様となっていた。

 この仕様のおかげで、タレット変形した重量級とコンビを組んだテクニシャンがあちこちで猛威を振るっており、もはや一人の力では太刀打ちできないレベルと化している。
 閉所にグレネディアとテクニシャンが居座ったら、どうやっても突破する糸口が見えない。


blog130420_05.jpg

 そしてもう一つの効果である「解体モード」だが、こっちは解体というよりは敵のアーマー値を吸い取る禍々しい色のビームを放つ。
 ケミカル弾で敵の防御力を下げるRedox-O2との相性も抜群で、至近距離戦をやろうとすると中々強い。

 修理モードも解体モードもそうなのだが、AIMがちゃんと合っていなくてもある程度の角度は許容されて攻撃する上、一度当たり始めると距離を離すか視界外に脱出するまで延々と吸い続ける。ある意味オートエイム状態となっているので、接近戦にめっぽう強い。


blog130420_01.jpg

 ちなみに初戦はこんな感じになった。
 Redox-O2の防御力低下効果が中々凶悪で、味方が強いと酷いことになる。適当に二人一組になり、援護でケミカル弾飛ばすわ回復するわするだけで敵が次々と落ちていく。
 全体の攻撃力が下がって、長期戦を強いられることによって放熱に悩まされるようになった今、テクニシャンの防御低下能力は欠かせないものになっている。


blog130420_06.jpg

 あと、今回のVerからレーダーの仕様も変わった。
 見てのとおり、向いてる視界の方角しか見えなくなった。ただし、味方のスポットやポータブルセンサーの索敵は今まで通り表示されるので、その辺は安心。
 また、タレット等の設置物も表示されるようになったので、スクランブラーやセンサーを近い場所に2個置いちゃったりする事もこれで無くなるんじゃないかなぁ。
 今までは場所が分からなかったか、設置場所も適当に置くしかなかったので、これは大助かり。


blog130420_03.jpg

 お次は、新防御アイテムのバリケード。
 ユニットを前方にポイッと放ると、このような青い壁が横に広がる。
 バリケードは弾丸も爆発も通さず、敵味方、自分も含めてメックも通る事はできない。なので通路で敵の退路を断つような用途も出来る。

 ちなみにバリケード自体には耐久値が決まっていて、攻撃すると壊れる。
 耐久力はそれほど高くは無く、少し集中攻撃するだけで破壊可能。

 なお再利用までのリチャージ時間は50秒と短めなので気軽に使える。



 とりあえず、今のところはテクニシャンは、確かに今までに無い機体であるといえる。
 というか、条件付ではあるが若干強すぎる気もしないでもない。

 今回のバージョンアップで全体で攻撃力が下がり、テクニシャンという特殊な能力を持つ機体が登場したことによって、戦場は今までとは全く違うモノと早変わりしてしまった。

 ウチの愛用のバーサーカーもTOWの攻撃力低下に悩まされるようになり、中量級以上は武器の放熱のせいで連戦がかなり難しくなっていた。またイチから戦術を練り直さなければこの先生きのこれないのだろうなぁ。
関連記事

tag : HAWKEN

2013-04-21 : ゲーム:HAWKEN :

そんなHAWKEN

blog130419_01.jpg

 おっしゃあああ! 新パッチ到来やぁ!
 テクニシャンで出撃するでぇええええ!!!



blog130419_03.jpg

 うおぉぉぉログインじゃああああ!!
 (今回からランチャ上のログインはしなくなったようです)



blog130419_04.jpg

 わくわく わくわく


blog130419_05.jpg

 えっ


blog130419_02.jpg

 えっ、クラッシュログッ、えっそんなっ





  <⌒/ヽ-、___
/<_/____/
関連記事

tag : HAWKEN

2013-04-19 : ゲーム:HAWKEN :
ホーム  次のページ »

管理人(ひと)

レヴィ介

Author:レヴィ介
やはり…何かが起きている!
(起きてない)

Twitter

ゲームの類な

*xbox360ゲーマーカード*

*SteamCard*


積み

PC
・ダークソウル
・Dungeon Siege(1.2.3)
・Legend of Grimrock
・Alan Wake
・The Witcher
・Farcry3
・FarCry3 BloodDragon

xbox360
・DeadSpace2
・Fallout:New Vegas
・アサシンクリード2
・CoD:BO2
・ダークソウル(海外版)
・デッドライジング2 OTR

PS3
・DISHONORED
・地球防衛軍4
・トーキョージャングル
・HEAVY RAIN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。