スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

HAWKEN: Ascension(Ver0.9.4)

blog130831_06.jpg

 前回のアレ、26日~30日までの更新が出そろったようだ。

blog130831_01.jpg

 26日は、新しいインターナルの一部を公開。

・AIR COMPRESSOR
 空中ドッジが可能となるインターナル。
 以前から噂になっていた、空中の機動を可能にするという戦いを一変させかねないインターナル。
 後述のYoutubeに上がっている動画でもその挙動を見ることが出来るが、使い勝手はかなり良さそうだ。

 ちなみに、AIR COMPRESSORとは空気圧縮機の事であり、圧縮空気を噴射して空中機動を可能としている……のだと思う。

・SHOCK COIL
 落下ダメージを100%吸収する、つまり高所から落ちても大丈夫になる。
 これで君もアサシンだ!

・EVASIVE DEVICE
 徒歩、ブースト移動共に速くなる。ダメージを受けてアーマーが減少すると、更に速度がアップする。
 受けるダメージの割合はパーセントで判定されているので、重量級がダメージを受ける度に軽量級並みの速度で動いたりするのだろうか。


blog130831_02.jpg

 27日は、Mech Unlock Treeというモノが公開された。

 今までは、とにかく戦闘を行いHCを溜めて新たな機体を買うか、有料課金のMCで買うか、の二択しか無かったのだが、パイロットレベルが上がるか、機体LVがカンストしたら、ツリー上の次の機体が手に入るようになる

 パイロットレベルっていうのは、次回のアップデートより追加される新要素のひとつで、戦いを続けていく事によりレベルが上がっていき、その度に様々な特典を得られるという仕組み。
 パイロットレベルが上がると→方向の機体が手に入り、機体レベルがカンストすれば↓方向の機体が手に入る。

 直接買う以外の方法で機体が手に入るようになるようだが、今までのようにHCやMCでも機体が買えるのか?

 あと、注目するべき点としてテレビ君の下にいるヴァンガードの存在。
 カップケーキでは無いようですが、ついにヴァンガードが一般パイロットの手に入るようだ。アイツは……いい機体だぞ。ミニフラックとグレネードランチャーという組み合わせが生きる素敵機体になると思われる。


blog130831_03.jpg

 28日はChassis Art……シャーシアート。アサルトさんに口が!

blog130831_04.jpg

 29日は、マップの最適化について。
 既存のマップについて、最適化をするとのこと。足場のデコボコとかも無くしてくれるとありがたいなぁ。Originとか足が引っかかるしなぁ。
 マップの軽量化が進んでくれれば、戦ってての処理落ちもしにくくなるし、これは期待度高し。

blog130831_05.jpg

 そして30日……パッチニュースの動画。
 動画として見れる内容としては新しい映像もあるにはある……のだが、基本的に今まで小出しされてきた内容が殆どだったりする。。

 内容としては、新マップLAST ECO、MECH RANK(とエリートスキン)、XP OBERFLOW(余剰経験値の分配)、PILOT RANK、SLOT SYSTEM(アイテム向けの新要素)、INTERNALS、OFFLINE TEAM DEATHEMATCHVR TRAININGの8要素。
 OFFLINE TEAM DEATHEMATCHVR TRAININGの二つくらいかな、今回で新たに実装されると公言されたのは。

 ちなみに詳しい内容のパッチノートは、9/2に公開されるらしい。
 つまり……我々はまだまだ待たされる、そういうことさ。

関連記事
スポンサーサイト
2013-08-31 : ゲーム:HAWKEN :

SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD

blog130825_01.jpg

 久しぶりにレンズを買い増し。
 今回はTAMRON SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USDを購入。レンズ買い増しは実に2年ぶり。


blog130825_02.jpg

 実は70-300は一本持っていたりする、それも同じTAMRONのレンズ。しかしコイツがまあちょっと……色々と不満のあるレンズでして。
 今回のは手ぶれ補正が入っている70-300レンズということで、活躍してくれる事だろう……2週間後にな!

blog130825_03.jpg

 それにしても……長い。

blog130825_04.jpg

 ずっと使っているD80に付けているからなのか、もの凄く長く感じる。フードを付けると更に伸びる。
 流石にちょっと不釣り合いな感じに見えなくもない。

 そろそろボディを買い換えるのも悪くないのだが。D80、全く故障知らずで元気なんだよなぁ。
関連記事
2013-08-25 : 買った :

次期大型アップデート

blog130824_00.jpg

 HAWKENの次期パッチ!……の情報が出てきた。

 しばし仕事で忙しくロクにプレイも情報を探す事もしてませんでしたが、ここ最近で一気に動きがあったようだ。

 ……まあ、7月で公式日本語化の話があって、8月に公式アップデートが来るといいつつ、音沙汰も無く次期アップデートはなっかたことにされ……と思ったら突如次期大型アップデートがキター!
 といった感じな出来事があり、HAWKEN公式自体がなんか混乱していてヤバイ。

 こんな事いうのもアレかなとも思うんだが……HAWKENの開発チームのロードマップとかスケジューリングとかどうなってるんだろうか。Adhesive Games(開発)とMeteor(運営)との間でうまく齟齬がとれてないとかじゃないだろうなぁ。


 まあそんなことはともかく、次期パッチが来るのは間違いなく、現在公式コミュニティでこんな事やってる。

blog130824_03.jpg

 The HAWKEN Data Streamと題うっており、どうやら平日に一日一回ずつ「何か」を公開していくとのこと。

 ちなみにこれはCR-T Recruitと書かれているのでテレビくん……なのだろうが、どう見ても見た目が違う。
 おそらく、コレが前回のパッチ情報に載っていた Elite Skinsというモノなのだろうか。
 ……テレビ君がこんな風になっちゃうのか。

blog130824_04.jpg

 来週の月曜から順番に公開していくようだが……AUGUST 30ってことは、少なくとも次のアップデートは30日以降ってことじゃないですかー!



 他にも、YouTubeにこんな動画が上がっている。

 新HUDの確認とかもできるので、次の更新を一足早くみたいって人は必見。

 HUDもかなり変わっているが、カスタマイズも出来るんだろうか。アーマーや燃料がゲージ化してえらい近未来感出しているが、レーダーの位置とか変わっているので慣れているいつもの場所に戻せたり出来ないとちょっとなぁ……

 ただ、新しいHUDは個人的にはかなり良い。実際かっこいいじゃないか。
 ゲージの存在がちょっと浮いてるのが気になるけど。


 あとは……

blog130824_07.jpg

 やたらと不吉で高圧的なレイダーさんとか……


blog130824_08.jpg

 なぜか「POLECE」と書かれたアサルトさん。発掘工から公務員にクラスチェーンジ!!
 ところでHAWKENの世界には警察いるのか?……まあ市街地では普通に人が暮らしているみたいだから、警察くらいはいるだろうけど。

 動画内を注意深く見てみると、既存の機体も色々とバリエーションがあるみたいだ。愛機のカスタマイズが捗りますな。


blog130824_05.jpg

 あとは新マップであるLAST ECO。動画で戦っているマップもコレのようだが、今回のマップも面白そう。
 今までのマップってメカメカしいものが殆どだったので、自然が満載の森林地帯というのは新鮮。

blog130824_06.jpg

 まあ、森林っていってもまともな森林じゃないんですけどね!!
 HAWKENの世界って、謎の奇病とかそういうのが流行っているので、その影響でこの森林もあちこちとおかしな事になっているらしい。HAWKEN:GENESISなんか見てみると、その辺の背景も載っていたりする。


 まあ、何はともあれやっと情報が出そろったというわけで、あとはパッチが来るのを待つだけ……待つだけ、な。
 
関連記事
2013-08-24 : ゲーム:HAWKEN :

PS Vitaとドラゴンズクラウン

blog130817_03.jpg

 長いこと出張に行っていた。


blog130817_04.jpg

 勿論仕事で、だよ。
 嘘は無い。


blog130817_01.jpg

 今年は出張もそこそこあるのと、個人的に頃合いになってきたということで、PSVitaをついに購入。

 Vitaは少し前からやりたいゲームが結構出てきているのと、知らないうちにアーカイブスも充実しているのもあるので、そろそろ買い時かなぁと思って。


blog130817_02.jpg

 一緒に買った初めてのゲームは、ドラゴンズクラウン
 インデックスが粉飾で事実上の倒産で、その傘下にいたアトラスもピンチに陥っていたおかげで、新世界樹とドラゴンズクラウンは発売が危ぶまれていたが、予定通り発売された。ホント良かった。


blog130817_07.jpg

 ドラゴンズクラウンは、遙か昔に一時期流行ったベルトスクロールアクションというモノで、今となっては絶滅機種になりかけているジャンルだ。
 自分はカプコンの「ダンジョンズ&ドラゴンズ シャドーオーバーミスタラ」をゲーセンでプレイしていた時期もあったので、個人的にはとても馴染み深いモノなんだけどね。
 ちなみに、ミスタラはヘタするとワンコインで1時間半くらい延々と遊べるというボリューム。しかも4人同時プレイが可能であり、登場した頃はインカムが全く稼げないので、ゲーセン経営者から敬遠されたというかぶっちゃけ嫌われていた

 ドラゴンズクラウンは、そんなカプコン製D&Dの血脈から遠く派生されてきた一本で、本当にバカ正直な横スクロールアクションに仕上がっている。左から右に移動していき、敵が出てきて殴って倒して進んで、ボスを倒す。
 ここ最近のゲームから見れば、実にシンプル一直線なのだがこの潔さ、それが良い。
 
blog130817_05.jpg

  ( T)<ダイスンスーン

 ちなみに、ダンジョン内にはこういった感じで回収可能な屍があり、これを復活させてNPCとして一緒に冒険に傘下させたり……というシステムがあるのだが、上のSSのように台詞がそれぞれの屍にあり、たまにこんな感じのネタが入ってる事がある。他にも膝に矢を受けた冒険者とかもいる。

blog130817_06.jpg

 やり込み要素ってほどでもないが、冒険者ギルドで依頼を受けてクリアをすると、その依頼にちなんだ一枚絵がもらえる。中には色々とエロエロしいやつとかもあるんだが、どれも描き込まれている。

 現在、これを全部埋めるのが目標……なのだが、全6職の全てにクリア後の1枚絵も存在している為、全員クリアもしないといけない。一応、一つのセーブデータの中でアイテムを使い回せるので、他のキャラで2周目やるのは多少楽ではあるのだがねぇ。
関連記事
2013-08-17 : 買った :

今日から始めるHAWKEN

blog130801_01.jpg

 7月初旬とはいったい何だったのか……

 ということで、8月に入りましたがHAWKEN完全日本語化は来ませんでした。
 完全日本語化が来ないのはまあ、今までの度重なる公式オープンの延期を見る限り十分ありえる話ではあるので驚きはしないけど……
 (HAWKENの公式オープンは去年の12月→今年の3月→未定→8月と伸び続けている)

 まあそれでも来日したポール氏に「7月中に」って言わせちゃったんだから、延期するにしても日本向けに何らかの発表が欲しいよなぁ。なにも声明が無いっていうのがちょっと。




 というわけで、ここのところ新規で入ってきたHAWKENプレイヤーも多いので、そんな初心者向けに書いておく。

■HAWKEN現状の日本語化の方法

 完全日本語化は来ませんでしたが、現状でもHAWKENの日本語化は可能。というかオープンβ当初からあった。

blog130801_02.jpg

 ログインするとガレージ画面になる。
 初期状態では英語の設定になっているので、英語から日本語に変えたい場合はまず言語設定をかえてあげる必要がある。

blog130801_03.jpg

 まず、画面右上の「」をクリックし、「SETTINGS」をクリック。

blog130801_04.jpg

 各種設定画面が出てくるので、その中の「Language」という項目がある。
 Languageの中にある「Japanese」を選択する。


blog130801_05.jpg

 が、選択すると全ての文字がいわゆる豆腐フォントになってしまう。
 日本語設定以外の言語では、日本語が使えるフォントになっていない為、全ての文字が豆腐フォントとなってしまうのである。
 本来ではこれが公式日本語化で解決されるハズだったのだが……7月中に来なかったのよね。

blog130801_06.jpg

 設定はそのまま、慌てずゲームを一回終了する。
 右上の「」の中から一番下を選んで「ゲーム終了」(に見えないけど)を選ぶ。

blog130801_07.jpg

 左が「はい」なので、そっちをクリック。


blog130801_08.jpg

 これで日本語化される。
 まあ全てが日本語化されてるわけでもなく、ちょっと変な訳もあるけど気にしない。




■初めてのHAWKEN

blog130801_09.jpg

 初めての戦い……と意気込む前に、まずはトレーニングに行こう。

blog130801_10.jpg

 FPSとしては特に特殊な操作とかは無いのだが、それでも最低一回はやっておこう。
 HAWKENは操作こそ普通のFPSだが、機体の挙動や、移動に慣性が働いていたりとやや特殊な方なので、まずはトレーニングで思う存分機体をブン回そう。
 左右の武器、アイテム、ダッシュとドッヂの違い、武器の発熱、回復のタイミング……覚えることは沢山あるのだが、せめて左右前後に動きながら射撃が出来るようになろう。
 更に、可能なら横ドッヂを絡めながら射撃が出来るようになろう。これだけでもかなり違ってくる。

 たまに高レート部屋に迷い込んできた初心者が、棒立ちのまま射撃して死ぬっていう色々と酷い有様となる事が結構あるので、せめて最低限の操作ができるようになってからのほうが良い。




■対戦……のその前に

 それなりに動けるようになってきたら早速対戦をしたいところなのだが、注意事項がある。

blog130801_11.jpg

 初心者はクイックマッチは絶対に選ぶな。

 なぜかというと、現在のクイックマッチの仕様は、現在の自分のレートを全く考慮せずに部屋を探して参加するという仕組みになっている為。

 現在のHAWKENはレーティングで部屋の棲み分けが一応できるようになっており、レートの上下差が大きい場合はお互いが部屋に入れなくなっている、サーバブラウザ上では。

 故に、今日が初めてのHAWKENプレイヤーが熟練者しかいない部屋に放り込まれるという事故が起こる。初心者から見れば全く太刀打ち出来ない相手に死ぬまくる事になるし、上級者集団から見ればチームに全く貢献出来ないのが一人増えた状態であり、「いないほうがマシだった」というレベルになるのがオチだ。

 君が初心者なのであれば、絶対にサーバブラウザの使用を勧める。

blog130801_12.jpg

 選ぶべき部屋は、まずは「Beginner」の部屋を探す事。
 腕に自信があるのなら「Medium」の部屋を選んでも良い。
 「Advanced」は選ぶな、絶対に。

 部屋のレートが右端に書かれているのだが、これがその部屋の平均レートを表している。
 自分のレーティングと相談で入る部屋を探して入ろう。

 あ、それと20人、24人部屋には絶対に入らない事。あの部屋はレート制限が設けられていないので、誰でも入れる部屋となっている。

blog130801_13.jpg

 現状だと上級者から初心者まで入り交じる部屋となっており、互いのチームバランスが完全に崩壊している事も多い。一人二人の力ではどうにもならない一方的な虐殺になってることも度々あるので、初心者は尚更行かない方がオススメ。

 ちなみに上のSSは、なぜか全員が逃げ場のない場所に引きこもって包囲されて全滅を繰り返すチームの図。
 
 余談だけど、チーム内で連携する事が非常に重要なHAWKENですが集団で移動すること「だけ」で連携だと思ってる人が結構いる。
 最低限12人部屋で十二分に腕を磨いてから行くべきである。あるいは大人数部屋には近づかない。



 要約すると、「まずはトレーニングで操作に慣れろ」と「最初は適正レベルの部屋でガンバレ」ということ。

 ということで、君に良きHAWKENライフが訪れますように。
関連記事
2013-08-01 : ゲーム:HAWKEN :
ホーム

管理人(ひと)

レヴィ介

Author:レヴィ介
やはり…何かが起きている!
(起きてない)

Twitter

ゲームの類な

*xbox360ゲーマーカード*

*SteamCard*


積み

PC
・ダークソウル
・Dungeon Siege(1.2.3)
・Legend of Grimrock
・Alan Wake
・The Witcher
・Farcry3
・FarCry3 BloodDragon

xbox360
・DeadSpace2
・Fallout:New Vegas
・アサシンクリード2
・CoD:BO2
・ダークソウル(海外版)
・デッドライジング2 OTR

PS3
・DISHONORED
・地球防衛軍4
・トーキョージャングル
・HEAVY RAIN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。