スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

2013年ゲーム事情

 今年は中々豊作だったんじゃなかろうか、と思える2013年のゲーム事情。
 本当に気になるゲームが多すぎたせいで、殆ど拾えていないというのが残念なところである。

blog1303028_01.jpg

blog130503_01.jpg

 後述するHAWKENを除けば、まず今年でもっとも熱かったのは「Strike Suit Zero」及び「Strike Suit Infinity」の二つだったかなぁと。
 メカデザイン:大久保 淳二、メインテーマのボーカルがKOKIAを迎え、戦闘機+人型メカアクションという、ある意味日本人向け要素満載だというのに日本向けには一切展開されなかったのは残念だった。

blog1303028_05.jpg

 海外の評価はかなりイマイチな感じではあり、その低評価の理由が「操作が難解」という1点で大きく評価落としていた。ウチとしては、その点は断じてそんなことは無ェと声にして言いたい。
 「戦闘機形態であるパースートモードと、人型形態のストライクモードで操作形態が全然違うからむずかしいんだよ」といった感じなのが多いのだが、これは互いの変形時に頭の中で操作形態の切り替えが出来ないヤツが悪く、そんなヤツがレビューなんか書いてんじゃねえよ、と言うのが俺の談。
 ちなみに国内では存在自体知らない人が殆どなので、コレを話題として出しているとこは殆ど知らない。

 パースートは直進し続ける中でヨーとかピッチアップ/ダウンで行きたい方向に向けて未来位置を予測して移動する。
 ストライクモードはその場に静止してから、上下左右前後を併せた3次元移動をするので普通のTPS視点の360度移動できるゲームと操作感はそんなに変わらないわけで。

 そこだけ押さえておけば、あとはマルチロックミサイルの爽快感に酔いしれるだけで基本いいのだからな!

blog130403_05.jpg

 値段の割にはかなり楽しんだゲームだったので、あんまりなレビューを見ると世間様と俺の感性はやっぱり大きくかけ離れているのだろうかしらね?


blog131230_02.jpg

 お次は積みゲー筆頭となっているFarcry3。
 普通の青年である主人公ジェイソン君含むお友達の男女7人が南国の島でバカンスを楽しんでいたのだが、全員海賊に誘拐されてしまうというどん底の不幸に見舞われる。
 運良く逃れられたジェイソン君は、それまで「銃なんか撃ったことないよぉ」とオロオロしていたが、戦士のタトゥーを彫られてからはハンドガン一丁で野生動物を狩るわ、拠点を制圧している海賊を殲滅するわ、正規装備で身を固めた傭兵部隊も全滅させるわ、マリファナ畑を火炎放射器で焼き払うわ、ナイフ一本で水中で襲ってきたワニやサメを撃退するわ、スゴイ!なんかハチャメチャ大活躍だ!ヤンバーイ!
 ……確かそんな感じのお話であった、間違ってないはずだ。

blog131230_05.jpg

 2つの孤島からなるルークアイランドを舞台に、それまでダメ男的なジェイソン君が銃と戦士のタトゥーを身につけ海賊相手に殺し合う世界へ身を投じる。
 他の友人達は海賊に襲われ命からがら逃げてきて恐怖と不安でヘトヘトになっているのに、ジェイソン君だけはウジウジしていた性格も次第に生きる気力に満ちあふれていき、友人達や恋人との距離感がどんどん離れて行ってしまう。
 基本、Farcry3は異様にハイテンションで話が進んでいくが、ごく普通の一般人が突然ヒーローになってしまったら、それはもうただの「異常者」である、という事がよく描かれていた。

blog131230_07.jpg

 話はすでに後半戦に入ったのだが、色々あって中断したままになっている。
 最後にやったのが確か6月くらいか。メインクエストを中心に進めればすぐに終わるんだろうが、敵拠点に遠距離からスナイプしまくって全滅したり、野生動物(クマとかトラとか)を放り込んだりするのが楽しくて中々先に進めないのだよ。
 エイプリルフールネタがまさかのエイプリルフールじゃなかった「FarCry3 Blood Dragon」についてもセール中に押さえているので、一周くらいはクリアしたいところ。


blog131230_09.jpg

 変わり種としては、かの迷作フロントミッションエボルヴもやった。
 仲間内で「コイツはデンジャー過ぎてヤバイぜ…」という話から、なぜかみんなで回しプレイをする事になってしまった。ウチはセール中でたしか75%オフの時に買ったと記憶している。

blog131230_08.jpg

 エボルヴの圧倒的ヤバイ・アトモスフィアは、コレが発売される前のTGS2009のときの体験版をプレイしたときにその片鱗を見せつけられており、その当時は「もう少し煮込めば面白くなりそうだなぁ」程度ではあったのだが、予想を斜め上を行く方向へと突き進み、ついには「フロントミッションというブランドに致命の一撃を与えた」とまで言われる始末。
 シングルのストーリーもかなりの超展開であり、このシナリオを考えたヤツは誰だァ!と海原雄山ばりにマウスとかキーボードとかコントローラーとか投げつけたくなるのも無理はない。(シナリオは国内のスクエニが作っている)

blog131230_10.jpg

 なお、ゲーム自体の操作性は中々良かった。ホント「磨けば光る」程度には良いのだ。ヴァンツァーの操作感は結構楽しいし、シングルも一部鬼畜なところもあるけど殆どが優しいのでサクサクすすむ。色々と「惜しい」逸材だったのかなぁと。

 余談だが、エボルヴを開発したのはDouble Helix Gamesというところで、ここは日本で発売中止となった「サイレントヒル ホームカミング」を開発したところで知られている。
 すごかったぞホームカミングは。何かの拍子で勝手にキーコンフィグが変わってしまうとか、そういうところがな!


blog131029_02.jpg

 あと、今年はハードも結構買い増しした年でもあった。DS LLとか、Vitaとか。
 Vitaはドラゴンズクラウンを目当てに買ったのだが、気づけばアーカイブスで旧作ACをプレイすることの方が多くなっていた。旧作ACは今やっても十分に面白い。
 DS LLはMH4を購入した際に、もっとデカイ画面でやりてぇなぁ的な事を思い立ったのがきっかけ。

blog131029_05.jpg

 MH4はとりあえず団長からの挑戦状をクリアしたのでいいのかなぁと。
 その後もダラダラやってるので、今はHR90手前くらいまでいっている。やれることが大分少なくなってきてしまったので、別の武器でも使ってみようかなぁと思ってる。ちなみにウチは初代からランス一筋だ。

blog130929_01.jpg

 ACといえば、ACVDを一応入手していた。
 してはいたのだが、9月はウチの仕事がすでに過度期となってしまっており、この頃からACVDに限らず殆ど自分の時間が持てずゲームをやれていた事は希になってしまっていた。
 ACVDは、ACVの続編として発売されたわけだが、システム的にはそれほど目立った進化は無かったと思う。相変わらず仲間内でやる分には良いのだが、萎えさせてくれたのはマップがプレイヤーを殺しにかかってくる要素。なんでAC同士の対決に水を差すような要素をいれるんだろうか。
 戦ってたらどこからともなく爆撃機が飛んできて敵味方もろとも粉砕してしまう、こんな要素は誰が求めていたのだろうか。

blog131230_11.jpg

 そして、今年一番やったのはやっぱりHAWKEN。HAWKENは9月に大幅アップデートが入り、仕様が完全に別物になってしまうほどの変貌を遂げた、もう別ゲーですよ。
 HAWKENもそうなのだが、9月から忙しくなったおかげで殆どプレイ出来なくなってしまっており、ここ最近でようやく新しい仕様にも慣れてきた。HAWKENでの繋がりで知り合ったヤツらと混じってやっているのだが、スタートダッシュで完全に出遅れ感が漂っており、結構やっててしんどい。

blog131230_13.jpg

 もうこのまま引退しようかとも思っていたが、まあまだなんとかやってます。なにぶん、他の対戦FPSと違ってバランスは大分良い方なので。野良はもういろいろと萎え落ちゲーと化しててどうしようもない状態だけど、日本サーバーでやってる分にはそういう不満とか全然ないし。何よりやってる分には十分楽しい。

blog131230_12.jpg

 あと、最近になって不具合でフレンドリストが消滅したり、日本サーバーが全部使えなくなったりしており、少々困った事になっている。向こうの年末年始バカンスって長かったと思うので、早いところなんとかして欲しいところ。特にフレンドリストが消滅してしまったのが痛い。治れば良いんだけど……




 とまあ、今年は豊作ではあったが、自分の時間が無さ過ぎて殆どが積みゲーと化してしまっているのが泣けてくる。
 来年頭からもかなり厳しい戦いとなるので、なんかもう仕事変えたくなってくる衝動に駆られる。金がないと買えないので仕事をしないってのは無しだが。宝くじとか当たらネェかなぁ。

 ちなみに来年は今のところ気になっているゲームは、EAからでるTitanfallとダークソウル2くらいか。
 来年は国内でもコンシューマ機の新型、PS4とXboxONEが発売されるので、ゲーム業界はまた面白そうな事になることを期待しているんだぜ。
関連記事
スポンサーサイト
2013-12-30 : 忘備録 :

Nikon Df

blog131229_01.jpg

 買った、買ったった……

 もう一目見たときから、買う気マンマンだったよ……Nikon Df

 お値段は……まあお察しの通りだぜ!
 しかも併せて24-85mm f/3.5-4.5G VRも購入したので、我が方の資金力は一気に枯渇したのであった。

blog131229_02.jpg

blog131229_03.jpg

blog131229_04.jpg

 もう、どの角度から見ても、パーフェクトだぜ、おまえ。
 ウチの人生史上、かなりの高額の部類だったのだが、何一つ後悔なんかしていないんだぜ。

blog131229_05.jpg

 Dfは内蔵フラッシュが無いので、SB-300で代用する事にした。
 SB-700とかSB-900のほうがスピードライトとしての性能は段違いに良いのはわかるが、コレにそんな重い物乗っけたくなかったし。SB-300くらいの重量ならまあ許容範囲。
 カメラは一眼といえどもなるべく軽くしておきたい。重いの担いでると半日くらいでバテるしな。

 何気に、ウチで持っているレンズの殆どがFXに対応しているのがうれしい(財布的にも)。
 ニコン50mm1.4Dとか、タムロン70-300mmとか90mmマクロとか。このあたりは使う機会が多いので。
 特に単焦点の50mmはついに本領発揮とでも言いますか。

 買ってから、もう毎日ウヘヘと気持ち悪い笑みを浮かべている。

blog131229_06.jpg

 単焦点の50mm1.4Dで撮った数年前に流行った森の妖精。
 結構古いレンズなのだがとにかく軽く写りも良い。たぶん一番使っているレンズなのでこれからもよろしくな!

blog131229_07.jpg

 タムロンのSP AF90mm F/2.8 Di MACROでのマーフィーさん。
 最近全然使ってやらなかったのでDfを機に引っ張り出して使ってみたのだが、改めて驚かされるそのシャッキリ感。
 最近では新たに手ぶれ補正がついた新型が出たらしいが、D4相当の高感度が使えるDfならば手ぶれ補正なんぞ無くても大丈夫な明るさを確保出来るから、当分先まで現役でいけるぜ。
 ……今まであまり使ってなかったけど、これからはちゃんと使います、ハイ。

blog131229_08.jpg

 最後は24-85mmVRで撮ったカミュの瓶。
 24-85mmはf2.8の方と迷ったんだが、懐具合と軽さとVRの有無の差でコッチにした。
 軽めの標準ズームとしてこれから先、活躍してくれることだろう!!

 ……24-70mmとかいうヤバイ級レンズのことは視界に入れないでください。


 なんか、もう触っててすっげぇ愉しいんだよなDf。
 昔のカメラ風にダイヤルでISOとか露出とかシャッタースピードとかいちいち操作しなきゃならんのだが、そんなもん全く苦にならない。とにかく使っててテンション上がりまくるカメラなんだよコイツは。

 D80はこれからはAPS-C機として軽量級一眼として活躍する予定だったのだが……もはや18-200mmVRが使える以外のアドバンテージが存在しないことになってしまった。
 アタシ、D80の事あんなに気に入っていて5年以上も使い続けてきたのに……いや、流石にもう世代古いか。
 特に感度上げたときに性能差が思いっきり出てしまう。D80だと1600くらいからもうノイズ出まくっていたのだが、Dfは3200くらいまでなら余裕でいけてしまう。
 いやまあ5年前に作られたD80と、プロ機のD4と同じセンサーを持つDfが勝負してももはや勝負にならないけどさ。

 そんなわけで、D80はこの先生きのこるにはどうすればいいのか。
 いや、良い子なんですけどねD80。でもDfはその遙か上を行ってしまったので。

 どうしようか本当に。
関連記事
2013-12-29 : 買った :

田代島へ行くのだ その3

blog131210_10.jpg

 前回載せ忘れたんだが……


blog131215_10.jpg

 なんでバットが猫神社に置いてあるんですかねぇ……?


 近くは竹林なので、野球なんかできない。
 避難所になっていた学校(現在はもう取り壊されて更地)にあったものだろうか?


 ということで今回も田代島編、とりあえずこれでおしまい。
 特に書くこともないので、ネコどもを貼っていく。


blog131215_09.jpg

 アヘ顔。


blog131215_07.jpg

 寒いのか、殆どが複数で暖を取っているの図。


blog131215_06.jpg

 あざとい。


blog131215_05.jpg

 寝心地良さそうですね、そこかわってもらっていいですか。


blog131215_04.jpg

 ネコ同士の挨拶、他にも体でスリスリするやつもいる。


blog131215_03.jpg

 堂々と接近中。


blog131215_02.jpg

 キリッ。


blog131215_01.jpg

 眠い。



 寒いからなのか、集団でくっついては暖まってているのが殆どだった。
 とにかくじっとしており、動かない。夏に来たら活発に動いてるんだろうか。

 次は暑い季節にいってみるかなぁ。


blog131215_08.jpg

関連記事
2013-12-15 : 徘徊:宮城県 :

田代島に行くのだ その2

blog131208_07.jpg

 田代島の波止場。網地島ラインから1時間、船に揺られてやってきた。
 ちなみに、乗るのは人だけではなく、色々と荷物のやりとりもしている。なので船がくるときは島の人が受け取りに集まってきていたりする。

blog131210_04.jpg


blog131210_05.jpg

 島のあちこちでは、地震の影響で崩壊した港の復興工事が行われている。
 工事はまだまだ途中で、山が崩れたままになっていたり、公園の地面がぼこぼこになっている。
 道路は無事、あるいは修復が終わっているのか、島の中を歩いているとしょっちゅう工事業者とすれ違う。島民とすれ違うことよりも多いよ。というか工事業者の人数の方が島民の全人口よりも多いのではなかろうか。

blog131210_02.jpg

 ちなみに、工事中の表示や、立ち入り禁止の囲いもネコになっていたりする。
 するのだが……

blog131210_03.jpg

 並んでるとコワイよ!全部こっち見てるよ!!こっちみんな!!

blog131210_01.jpg

 「この島は初めてかい?」とでも言い足そうな顔。

blog131210_06.jpg

 山へ行く途中に、すごくよく似た子を発見。見比べてみれば違う子だとはわかるけど。
 田代島にはこういった、よく似た兄弟があちこちにいたりする。

blog131210_08.jpg

 こんな感じのやら……

blog131210_09.jpg

 こんな感じのまで。
 模様がちょっと違うとか、毛並みが長いか短いかとか、色が濃いとか薄いとか、ちょっとした間違い探しに。

blog131210_07.jpg

 山の中にある、「猫神社」へ向かう。

blog131210_10.jpg

 猫神社。

blog131210_12.jpg

blog131210_13.jpg

 猫神社のお話。奉られているのは勿論、猫神様。この島では、猫は大漁を招く縁起物として担ぎ上げられている。


blog131210_11.jpg

 なので、猫物のお供え物がすごい多い。よく見ると、石にも猫が書かれている。

関連記事
2013-12-10 : 徘徊:宮城県 :

田代島へ行くのだ

blog131208_01.jpg

 田代島に行ってきた。
 田代島は、猫の多い……というか「猫の楽園」とか呼ばれていたりもする、宮城県にある島である。

blog131208_02.jpg

 田代島は仙台湾に浮かぶ島で、日に2本ほどしかない定期船で行くことが出来る。
 というか、定期船を使う以外に行く方法は無い。

 どんな場所なのかというと……

 ・漁業が主な生業、しかし震災の影響を受け壊滅、現在は島全体で復興工事が行われている
 ・人口が少なく、現在は100人を下回っている限界集落
 ・猫神社があり、猫が大事にされている

blog131208_02.png


 ちなみに、石巻市内から田代島はこれくらい離れている。
 移動時間は定期船で片道約1時間ほど。船は海の状態にもよるが結構揺れる。

blog131208_04.jpg

 定期船は、この網地島ラインから行く。ここは定期船の乗船チケットの販売をしているのだが、田代島へ行く「田代島・網地島・鮎川行き」は船内でチケットを買うことになるので、ここでは販売していない。
 なお、片道1200円。

 駅からバスも出ているが、定期船の時間と合っている保証は無い。なのでダラダラと3~40分かけて歩いて行くか、タクシーで行くのがオススメ。
 一応定期バスが出ているのだが……自分が行ったときは1時間以上もずれていた。

 ちなみに……現在は石巻にいくのも一苦労。
 というのも、先の震災の影響で仙台-石巻間の線路は使えない。なので迂回路を使って行くか、仙台からの高速バスを使って行くことになる。

blog131208_05.jpg

 定期船もなかなか朝早く、行きの便は朝の9:30しか無い。
 一日往復3本くらいあるときもあるらしいが……今のシーズンが冬だからなのか、行きに9:30、帰りに13:17の便以外の選択肢がなかった。

 時間の制約が厳しいので、行くにはしっかりと計画を立てていく必要がある。
 一本逃すと、もうたどり着けないよ!!

 そんなわけで、次回は田代島で撮ったものを載せていく。
関連記事
2013-12-08 : 徘徊:宮城県 :
ホーム

管理人(ひと)

レヴィ介

Author:レヴィ介
やはり…何かが起きている!
(起きてない)

Twitter

ゲームの類な

*xbox360ゲーマーカード*

*SteamCard*


積み

PC
・ダークソウル
・Dungeon Siege(1.2.3)
・Legend of Grimrock
・Alan Wake
・The Witcher
・Farcry3
・FarCry3 BloodDragon

xbox360
・DeadSpace2
・Fallout:New Vegas
・アサシンクリード2
・CoD:BO2
・ダークソウル(海外版)
・デッドライジング2 OTR

PS3
・DISHONORED
・地球防衛軍4
・トーキョージャングル
・HEAVY RAIN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。