スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

DK-17M+DK-19

blog140225_01.jpg

 ヨドバシいったら普通に売ってたDK-19。

blog140225_02.jpg

 左がDK-17M、右がDK-19。
 この二つを……

blog140225_03.jpg

 合体させると、こうなる。

blog140225_04.jpg

 Dfに付けるとこんな感じ。
 ディスプレイにちょっとだけかぶっているが、まあ許容範囲か。
 ファインダーが外に出っ張ってしまうとちょっと邪魔になりそうな予感。鞄に放り込んだときにどうなるかな。
関連記事
スポンサーサイト
2014-02-25 : 買った :

最近のカメラ関係の購入物

 ここ最近、カメラ関係で色んな物を買い込んだので忘れないうちに。

blog140223_01.jpg

 レンズ、AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G EDを導入。

blog140223_02.jpg

 広角が使えるレンズが無かったので、18-35mmを追加してみた。16-35mmや14-35mmっていう選択肢もあったけど、あれすごい重いので。
 14-35mmとかは確かに描写すごいんだけど、価格も、な……

 最初、最近新しく出た単焦点35mmを買おうかなとか思っていたのだが、アレは1~2年くらい待てばもっと安くなるか、あるいは中古で出回ると思うので後回しで。

 例によって仕事で土日も忙しいのでまだ使っていない。早いところ撮りに行きたいところ。

 現状はこれで欲しい焦点距離はあらかた揃った感じ。
 あとは上を目指すとベラボーに高額な部類に入る領域になってしまうので、暫く新しいレンズは購入する必要は無いかなぁと。
 まあ目標としては単焦点レンズを揃えていきたいところではある。ヤバイ級の単焦点、AF-S NIKKOR 58mm f/1.4Gとかすごい欲しい。でもアレ一本で17万円くらいするもんな……

blog140223_03.jpg

 広角のレンズなんだが、一応フィルターも付けた。フィルターはケンコーのZeta プロテクターをチョイス。


blog140223_04.jpg

 お次はマグニファイングアイピースのDK-17M。
 nikon純正のアイピースで、ファインダー倍率を1.2倍にする事が出来る。
 ホントはDK-19と合体させたいのだが、行った店に売ってなかった。今度探してこよう。

blog140223_05.jpg

 左が、元々Dfについていたアイピースで、右がDK-17M。blog140223_06.jpg
blog140223_07.jpg

 撮ってあとから気づいたが、こう見ると違いが殆どわからんな。

blog140223_08.jpg

 あとは、アルティザン&アーティストのイージースライダーも購入。コイツは札幌雪まつり前に買って実際使ってきた。

blog140223_09.jpg

 このリングを使って伸ばしたり縮めたり出来る。
 ストラップの長さを簡単に調節できるのは結構良い感じで、撮るときに伸ばして、移動するときは短くしておけばブラブラしなくなるので邪魔にならない。今までは片方の肩に引っかけて移動していたが、コレならたすき掛けにしても大丈夫。
 この手のストラップは他にもいくつかあるが、コレ考えたヤツは崇め奉るくらい感謝したい気分になる。

関連記事
2014-02-23 : 買った :

HAWKEN界の冷暖房さん

blog140215_01.jpg

 本日2/14(日本時間だと2/15)、STEAMに移行してから初めてのパッチがきた。
 で、その中には以前すでに伝えられていた新機体「Incinerator」の実装も含まれている。

 ちなみにIncineratorとは焼却炉の意味。
 熱そうな名前であるが、どんな機体なのか?

blog140215_07.jpg



■熱量が回復しない?
 さて、まずこの機体を使ってみてあることに気がつく。このIncinerator、武器の放熱がされないのだ。
 HAWKENの基本システムとして、発砲を続けると武器の熱量が溜り、使い続けるとオーバーヒートを起こし数秒間一切攻撃が出来なくなってしまう……のだが。

 なのに、Incineratorは武器の熱量が下がることはない、これは一体どういうことなのか?


blog140215_03.jpg

■熱量を武器に変換する新機構
 実は、Incineratorは自身が溜め込んだ熱量を攻撃に使用するという恐るべき機構を備えた機体だったのだ。
 今までは熱量=オーバーヒートであり、武器の使用が制限される煩わしい仕組みであったのだが、Incineratorに限って言えば熱量は逆に攻撃手段となる。
 右手に持っているSAARE LAUNCHERは、機体に溜った熱量を発射する。SAARE LAUNCHERはデュアルモードの変形武器だが、どちらも無誘導の投擲砲となっている。違いは使用熱量と攻撃力の差のみ。弾道はレイダーのコルセア榴弾に近い。
 熱量を使う武器なので、熱が溜っていないと発射できないので注意。


blog140215_04.jpg

■変形は無いが、かわりに……
 Incineratorは、重量級メックの中で初めて変形機能を持たない機体である。
 で、代りに固有能力として何を持っているのかというと。

blog140215_05.jpg

 溜め込んだ熱量エネルギーを全て攻撃エネルギーに変換して、全方位攻撃を繰り出す。
 この攻撃はかなりの広範囲に及び、この攻撃を受けた機体はおおよそ90~150前後のダメージと若干の熱量をもらうこととなる。ダメージは溜め込んだ熱量によってかわり、攻撃範囲は一律2機分程度の範囲となっている。
 この全方位攻撃、確かに発動までに時間がかかり無防備となってしまうのだが、自分の背後や空中にいる相手まで攻撃が届き、挙げ句の果てに使用に関しての制限は熱量の有無のみである。非常に使い勝手が良い。


blog140215_06.jpg

■謎の熱量吸収機能
 熱量攻撃の他に、Incineratorには謎めいた機能が備わっている。


blog140215_02.jpg

 どういう仕組みかはわからんが、付近の機体の武器熱量を冷ますという機能がある。
 この効果を受けている機体は、HUD内にアサルトの温度計マークが表示され、常に武器のクールダウン効果を受けることができる。この効果は自分自身は対象ではない。
 なので、Incineratorと併せて移動する機体は武器温度のストレスから解放される。ただし、この効果は敵味方関係なく発揮されるので注意。

 近くにいるだけで冷めたり熱くなったりと、HAWKEN界の冷暖房のような存在であるIncinerator。
 テクニシャン、プレデターと続いて、またもやクセの強い機体がロールアウトされてきますが。

 今回の機体は、熱量を放出して攻撃する=熱を気にしないで撃ちっぱなしで突っ込んだり引いたり出来るわけで、全方位熱量攻撃も併せるとダントツの牽制力を誇ると思われる。
 適当に武器撃ってるだけでもそこそこ強いし、足回りもそこまで遅くはないので、あまり操作に慣れてない人が使ってもいいかもしれない。
関連記事
2014-02-15 : ゲーム:HAWKEN :

雪まつりに行く前の日のこと

blog140209_08.jpg

 今年もさっぽろ雪まつりへ行ってきました、ハイ。
 色々と撮ってきたのでまたなんか写真貼っていこうと思うんだが、まあ今回は別の話で、な。

blog140209_02.jpg

 先日の関東圏を襲った大雪で、ベランダが大変なことになった。

 この日の前日――つまり2/8から2/9にかけて、仕事でずっと家に帰っていなかった為、雪かきをするとかそういう事もできず。帰ってきたら窓が開かなくなってるよ!

blog140209_01.jpg

 困ったのは、エアコンの室外機が完全に食われていたこと。
 このときの部屋の気温は6度と、中々冷え切っていたので、エアコンが使えないのは死活問題であった。

 とりあえず、関東圏は雪国と違って常時氷点下ってわけではないので、僅かに開く窓の隙間からお湯で溶かし、雪を端っこに持って行き何とか使えるようにした。最初の窓が開けられるようになるまでに1時間近く悪戦苦闘したが、なんとか室外機の回りだけは雪を取り除く。エアコンさえ動けばこっちのものよ。

 あと、ここまでの豪雪は関東では珍しいわけで。折角だから遊んでみた。

blog140209_04.jpg

 DeadSpace的な状況(雪景色が多いのは3だけど)

blog140209_05.jpg

 アイアン先生の出撃。

blog140209_03.jpg

 ピンチのマーフィさん。

関連記事
2014-02-12 : 忘備録 :

HAWKEN、STEAMへ移行する

 HAWKENがSTEAMに移行しまっせ!





 いささか急な話ではあるのだが、2/5――つまり日本時間だと2/6よりHAWKENがSTEAMへ移行となる。移行後は今までのランチャーからではなくSTEAMの方からHAWKENを起動する事になるわけなので、これは結構うれしいところ。
 というのも、少し前の事になるのだが、HAWKENは何らかの不具合で全フレンドリストが消滅していたので、STEAMが使えるとなればそっちのフレンドリストが使えるわけでして。登録をしなおす手間が省けるのでこいつぁ良い。

 HAWKEN移行に関しては、 Steam Transition Guide(http://www.playhawken.com/steam/guide)の方に載っているので参照とのこと。例によって英語しかないけど。
 
 ものすごく大雑把に内容をまとめるとこんな感じ。

 ・2月よりHAWKENのプラットフォームはSTEAMへと移行、今後はゲームの起動やパッチの更新、Meteorクレジットの購入等はSTEAMに統合される事となる。
 ・既存プレイヤーの移行も行われるが、(恐らくSTEAMに負荷軽減の点から)移行は少しずつ行う事とする。
 ・既存プレイヤーへは登録されているメール宛に製品コードが送られてくる。
 ・移行期間中はplayhawken.com(現在の公式)からの新規受付は無効となる。
 ・今後、HAWKENのランチャーからはパッチ配布は行われない為、STEAMからインストールを行う前にアンインストールをする事を勧める。
 ・パッチ後、HAWKENをプレイするにはSTEAMアカウントが必須となる。
 ・STEAM側でのHAWKENダウンロードについて、もし2月11日までに製品コードが配布されてこなかった場合はplayhawken.zendesk.comへ。
 ・Meteorクレジットの購入は、STEAMウォレットを利用できる。クレジットカードが無い人はコンビニ等でSTEAMウォレットコードを購入すればOK。
 ・その他の今後のパッチには、Front LineでのCoopの実装、新機体の追加のリリースが含まれます。


 なんか、さりげなく新機体の追加が含まれてたりします。移行ガイドだよなこれ……


 ちなみにその新メックなんですが、おれたちはすでに知っているのだよ諸君。
 実は公式のバランス調整パッチの情報の中にそいつがすでに載っていたりするわけですね、ココに。

blog140205_01.png
blog140205_02.png
blog140205_03.png

 incinerator(焼却炉)とは一体……うっかり名前出しちゃったとかそんなわけないだろ!ふざけるミ!
関連記事
2014-02-05 : ゲーム:HAWKEN :
ホーム  次のページ »

管理人(ひと)

レヴィ介

Author:レヴィ介
やはり…何かが起きている!
(起きてない)

Twitter

ゲームの類な

*xbox360ゲーマーカード*

*SteamCard*


積み

PC
・ダークソウル
・Dungeon Siege(1.2.3)
・Legend of Grimrock
・Alan Wake
・The Witcher
・Farcry3
・FarCry3 BloodDragon

xbox360
・DeadSpace2
・Fallout:New Vegas
・アサシンクリード2
・CoD:BO2
・ダークソウル(海外版)
・デッドライジング2 OTR

PS3
・DISHONORED
・地球防衛軍4
・トーキョージャングル
・HEAVY RAIN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。