スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

HEROES OF THE FLEET(DLC)

blog130526_1.jpg

 もう先週にのことになってしまったが、「Strike Suit Zero」に、新ミッション5つを追加するDLC「HEROES OF THE FLEET」が追加された。


 blog130526_6.jpg

 DLCを購入すると、ミッションセレクトの前にキャンペーンセレクトが挟まれ、本編とDLCを選択できるようになる。
 「HEROES OF THE FLEET」は、1ミッションが本編と同じくらいの長さの新エピソードで、全編を通して戦闘シミュレータを行うという内容。

 なのでミッション1つに対して、長くて30分くらい、全5ミッションをクリアするとなると、やり直しも含めて大体3時間くらいでクリア可能。自分は色々と遊びながらやってたので、難易度ノーマルで1周するのに3時間半かかった。ちなみに価格は$6.99

 それじゃ、追加された5つのミッションを紹介していこう。


blog130526_7.jpg

MISSION 1 REVENGE

 舞台は、輸送隊の護衛をしているところから始まる。
 複数の輸送機とそれを護衛する戦闘機が無数にいるが、突然COLONIALの大軍が横っ腹にフォールドアウトされ、為す術もなく数の暴力に蹂躙されてしまう。
 敵戦艦の数も、敵戦闘機も装備が良い物が揃っているため、輸送機を守りきるのは絶対に無理なのであきらめてフォールドワープで敵の艦を追う事に。

blog130526_3.jpg

 追った先はアステロイドベルトの中を進むのは、クルーザー艦が1機とフリゲート艦2機。
 これに少数の護衛戦闘機および小惑星に仕掛けられたわずかな防衛システムのみ。

 このミッションのみ、「Strike Suit Infinity」から採用されている戦艦のウィークポイント(白い四角いヤツ)を攻撃できるようになっている
 敵艦隊が領域から離脱する前に、撃沈せよ。

 (補足:COLONIAL(コロニアル)、宇宙の彼方から送信された謎の信号源を探索する為に外宇宙へ旅立った探索者達。後にオーバーテクノロジーを発見し独立を条件に地球圏と共同調査をしていたが、結局は戦争へと発展。これがSSZ本編のストーリー。)


blog130526_8.jpg

MISSION 2 FOLD POINT

 敵味方、お互いFOLD POINT上に大量の戦艦を配置され、真っ正面から殴り合う。
 魚雷はどちらも飛ばせないようで、砲台を破壊し敵戦艦の撃破を手伝わなくれはならない。


blog130526_4.jpg

 とにかく、バカ正直に真っ正面から戦艦同士が殴り合う。
 敵戦艦の武装を破壊していくのだが、とにかく「戦艦のおかわり」が次々と来るので忙しい。
 魚雷こそ飛ばないが、対艦ビーム砲は健在でこれを最重要目標として破壊する。

 味方は全ての戦艦が同時に参戦できないようで、撃破されると次の戦艦が戦場に入ってくる。
 おそらく最終的にキャリアー艦が破壊されると敗北すると思われる。
 味方が全滅するまえに、敵艦隊を全て破壊するのだ。


blog130526_9.jpg

MISSION 3 DOGFIGHT

 COLONIALのエース、「HARTMAN」を撃墜せよ。
 このミッションはちょっと特殊で、大艦隊同士で撃ち合っている戦場の中で、敵のエースファイターであるHARTMANと一騎打ちを繰り返すという物。
 敵の戦闘機には強力なEMPが搭載されていて、ミサイルが一切通用しないどころか、ミサイルを撃つとHUDが一定時間死ぬ。もちろんストライクモードのマルチミサイルも通用しない。
 ミサイルは絶対に当たらないようになっており、近くまで飛んでも敵は自由にフォールドワープ出来るため仕切り直しになる。

blog130526_10.jpg

 「HARTMAN」を追い、ネビュラ(ミサイルロック不能)地帯に無数の残骸が密集した宙域で戦う。
 パースートモードの機動戦が試される。


blog130526_11.jpg

MISSION 4 EMERGENCE

 COLONIALの精鋭艦隊「BLACK FLEET」が、R&Dステーションに侵攻している。
 このステーションには、対戦艦用の超強力な巨大ビーム砲が設置しているのだが、1回撃つ度に長時間のエネルギーチャージが必要となっている。

blog130526_12.jpg

 敵の旗艦のキャリアーを落とせば勝利だが、キャリアーは一撃当てる度に一度退却し、僚艦にフリゲートやクルーザーを連れて戻ってくる。
 キャリアー艦自体は積極的に攻撃してこないが、連れてきた僚艦は魚雷を発射しステーションを破壊しようとしてくる。
 全ての敵艦を撃墜するまで、ステーションを防衛しなければならない。


blog130526_13.jpg

MISSION 5 THE NO WIN SCENARIO

 このミッションだけ、「BONUS SIMULATION」という扱いになっている。
 実はこれまでのミッションシミュレーターは過去の戦闘記録から作り出した物で、ミッション毎の説明を見ると、当時パイロットが誰で、機体はどれで装備はこうなっていたよ、という説明書きがある(本編にもいるREYNOLDSの名もある)。

 一応、ミッション5に関しても元となったデータが存在するのだが、オリジナルのシナリオという扱いになっているらしい。

blog130526_14.jpg

 まあそんな感じではあるが、ミッション内容は本編によくあるタイプのやつ。
 要するに味方艦を守りつつ敵を全滅させろという内容。

 クルーザー艦「TANTALUS」を護衛し、迫り来る敵艦隊を味方と合同で撃退する。
 ……するのだが、最後まで気を抜かないように。




blog130526_15.jpg

 とまあ、全5ミッションを紹介してきたわけだけど。
 5つ全てのバリエーションが違い、単独の対艦戦、艦隊同士の殴り合い、敵エースと一騎打ち、防衛、集大成といった感じ。

 ぶっちゃけちゃうと、Strike Suit Infinityが出た今、ストーリーが特にあるわけでもないのでちょっとボリューム不足かなぁと思わなくもない。一応「シミュレータ」っていう事で、戦闘記録から見る過去の戦場を見るっていう大筋はあるんだけど、盛り上がる要素一切無いからなぁ。
 もうとにかく淡々とミッションをこなしていくだけであり、言ってみればこれいつも通りですよねぇ……

 あと、敵艦のウィークポイントを叩いて自分で撃墜できるっていうのがミッション1でしか出来なかったのがすっげー不満。
 他のミッションでやると簡単になっちゃうからやらせないようにしているんだろうけど。最初にやらせといて残りのミッションではやらせないって、それどーなのよ?

 「Strike Suit Infinity」と同じ$6.99であることも考えると、どう考えても「Strike Suit Infinity」のほうがお得感を感じてしまうわけで、正直ビミョーな出来だなぁと思ってしまった。
関連記事
2013-05-26 : ゲーム:StrikeSuitZero :
« next  ホーム  prev »

管理人(ひと)

レヴィ介

Author:レヴィ介
やはり…何かが起きている!
(起きてない)

Twitter

ゲームの類な

*xbox360ゲーマーカード*

*SteamCard*


積み

PC
・ダークソウル
・Dungeon Siege(1.2.3)
・Legend of Grimrock
・Alan Wake
・The Witcher
・Farcry3
・FarCry3 BloodDragon

xbox360
・DeadSpace2
・Fallout:New Vegas
・アサシンクリード2
・CoD:BO2
・ダークソウル(海外版)
・デッドライジング2 OTR

PS3
・DISHONORED
・地球防衛軍4
・トーキョージャングル
・HEAVY RAIN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。