スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

PS Vitaとドラゴンズクラウン

blog130817_03.jpg

 長いこと出張に行っていた。


blog130817_04.jpg

 勿論仕事で、だよ。
 嘘は無い。


blog130817_01.jpg

 今年は出張もそこそこあるのと、個人的に頃合いになってきたということで、PSVitaをついに購入。

 Vitaは少し前からやりたいゲームが結構出てきているのと、知らないうちにアーカイブスも充実しているのもあるので、そろそろ買い時かなぁと思って。


blog130817_02.jpg

 一緒に買った初めてのゲームは、ドラゴンズクラウン
 インデックスが粉飾で事実上の倒産で、その傘下にいたアトラスもピンチに陥っていたおかげで、新世界樹とドラゴンズクラウンは発売が危ぶまれていたが、予定通り発売された。ホント良かった。


blog130817_07.jpg

 ドラゴンズクラウンは、遙か昔に一時期流行ったベルトスクロールアクションというモノで、今となっては絶滅機種になりかけているジャンルだ。
 自分はカプコンの「ダンジョンズ&ドラゴンズ シャドーオーバーミスタラ」をゲーセンでプレイしていた時期もあったので、個人的にはとても馴染み深いモノなんだけどね。
 ちなみに、ミスタラはヘタするとワンコインで1時間半くらい延々と遊べるというボリューム。しかも4人同時プレイが可能であり、登場した頃はインカムが全く稼げないので、ゲーセン経営者から敬遠されたというかぶっちゃけ嫌われていた

 ドラゴンズクラウンは、そんなカプコン製D&Dの血脈から遠く派生されてきた一本で、本当にバカ正直な横スクロールアクションに仕上がっている。左から右に移動していき、敵が出てきて殴って倒して進んで、ボスを倒す。
 ここ最近のゲームから見れば、実にシンプル一直線なのだがこの潔さ、それが良い。
 
blog130817_05.jpg

  ( T)<ダイスンスーン

 ちなみに、ダンジョン内にはこういった感じで回収可能な屍があり、これを復活させてNPCとして一緒に冒険に傘下させたり……というシステムがあるのだが、上のSSのように台詞がそれぞれの屍にあり、たまにこんな感じのネタが入ってる事がある。他にも膝に矢を受けた冒険者とかもいる。

blog130817_06.jpg

 やり込み要素ってほどでもないが、冒険者ギルドで依頼を受けてクリアをすると、その依頼にちなんだ一枚絵がもらえる。中には色々とエロエロしいやつとかもあるんだが、どれも描き込まれている。

 現在、これを全部埋めるのが目標……なのだが、全6職の全てにクリア後の1枚絵も存在している為、全員クリアもしないといけない。一応、一つのセーブデータの中でアイテムを使い回せるので、他のキャラで2周目やるのは多少楽ではあるのだがねぇ。
関連記事
2013-08-17 : 買った :
« next  ホーム  prev »

管理人(ひと)

レヴィ介

Author:レヴィ介
やはり…何かが起きている!
(起きてない)

Twitter

ゲームの類な

*xbox360ゲーマーカード*

*SteamCard*


積み

PC
・ダークソウル
・Dungeon Siege(1.2.3)
・Legend of Grimrock
・Alan Wake
・The Witcher
・Farcry3
・FarCry3 BloodDragon

xbox360
・DeadSpace2
・Fallout:New Vegas
・アサシンクリード2
・CoD:BO2
・ダークソウル(海外版)
・デッドライジング2 OTR

PS3
・DISHONORED
・地球防衛軍4
・トーキョージャングル
・HEAVY RAIN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。